ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 2017春のベルリン | main |
イースター準備2017

無事にベルリンから帰って来て、大急ぎでイースターの準備をしている管理人夫婦である。

 

掃除は分担で、料理は管理人担当である。

さて、今年のメニューは、

1)鯉のゼリー寄せ

2)ウサギの煮込み
3)いろんな肉のゼリー寄せ
4)キジの煮込み
5)牛テールのコンソメスープ
ケーキ類はどうしようか此の期に及んで悩んでいる最中である。
いつもと代わり映えのしないメニューにキラリと光る新食材が登場である。
キジである。
キジのレシピを探してみると、シードルで煮込むPheasant Normandyというのがあったのでそれに挑戦である。
とりあえず、5%食塩水にオレンジのスライスとローズマリーを入れて、ブラインすることとした。
キジは月曜日のメインメニューである。
ウサギさんは、
こんな感じである。1.6kgであった。
レモンとオリーブオイルでマリネして、人参と共にオーブンで煮込みである。
鯉は明日。
色々な肉のゼリー寄せの材料はこんな感じである。
上から順に、鶏の背骨(丸ごと1匹買った時に切り取って取っておいた)、牛のリブ、豚足、豚足その一、豚足その二。
これらを香味野菜と一緒に煮て、可食部分を集めてミンチにして煮たスープで固めるのである。
牛テールのコンソメから出て来た肉もここへinである。
今年のイースター料理は、電気圧力釜のおかげで大変楽であった。
とは言っても、最大の難関、鯉は圧力釜ではなんともならないので頑張るしかない。
卵はビーツでピンクに染めてみることにしたのであった。
こちらは染める前の下準備。
どんな仕上がりになるのか楽しみである。
【2017.04.15 Saturday 02:13】 author : 管理人
| なまくらクリスチャン | comments(6) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
今年も手を抜かず、お母様からの教えを実行という
管理人さんには脱帽です。
イースターのお料理を頑張るには、やはりドイツで
お買い物したり美味しいビールを飲んだりして、
充電しないと出来ないのかも・・・って思ってみたり
しています。

ウサギさんは、因幡の白兎を思いだしてしまいました。

イースターエッグ、どのように染まりましたか?
| murako | 2017/04/15 7:15 PM |
本当に本当に!とmurakoさんのコメント読んでお義母さまも天国から微笑んでいらっしゃるでしょう、と頷いていました。そうやって地に足を付けて行く管理人さんを見らわなければ、とちょっと反省です。

キジ!新しい食材ですね!日本旅行のついでに行った韓国で野生のキジを見たのを思い出し、あれは食べ応えがありそうだと納得です。ブライン液にローズマリーとオレンジを加えるというアイデアも美味しそうで、キジは無理ですが鶏で今度真似してみます。

卵の染料に今年はビートルートなんですね!この前、ひな祭りの菱餅の染料に使ったらポリグリップ色になってしまい、来年は量を少なくしようとか、毎年試行錯誤です。

文を読んでる私はただただ気楽に次の写真達を楽しみにしているだけですが、管理人さんのお手伝いをしている電気圧力釜の魅力にも晒されて、今からAmazon検索してみようか。。。と密かに考えています。家計かOKしてくれるかは微妙ですが(笑)

| かまくら | 2017/04/17 4:10 PM |
管理人さん、こんにちは。
きじ、気になります!やっぱり歩いているからレッグがおいしいのかな?

先日某Dランドに行きましたが、イースターまだまだ盛り上がらずという感じです。まぁ、なんでも真似でいいわけもなく。

ゆっくりだった桜もすっかり散ってしまいました。(種類によってはまだありますが)

| megmeg | 2017/04/17 5:26 PM |
あれまという間も無くイースターウィークは過ぎ去り日本では桜の花吹雪も過ぎたことでしょう。

お料理も無事に仕上がりバッチリどっしり落ち着いた主婦=シェフの手応えバッチリだったことでしょう。

ここで質問ですが今年もメニュに乗った色々なお肉の煮こごり、こちらでも時々肉屋さんやデリで見かけますがあれはどうやって食べるものなのでしょうか、

とっくりこっくりと煮込まれた肉は柔らかくなっているのはショーケース越しでもわかるのですが見るからに「壊れやす」そう感満載。

下手にいじろうものならてんでんばらばらの大騒動になるような気がして未だに手が出せずにおるのです。

ちなみに当地では肉は赤身のもの白身のものの取り合わせ1cm角ぐらいの大きさで透明なゼリーの中に鎮まっています。

厚く切り分けてお皿に取りソースは?酢醤油とからし? というわけにも行きますまい

| さんさん | 2017/04/18 3:09 PM |
管理人さんこんにちは。
いつも楽しみに拝見しています。
5年ほど前からこのブログを拝見していて、たくさんの貴重な情報や勇気を頂いて、昨年秋についにラトビアに嫁ぎ、7か月が経ちました。
ラトビア生活、楽しいこともありますが、やはりまだまだ四苦八苦の毎日です。
特にラトビアの人たちの人見知りさというか、笑顔の少なさと、ちょっとした異人種アレルギーな感じに未だに慣れず、怒られそうな気がして、スーパーなどでも未だにドギマギしてしまいます。笑
管理人さんの来られたころは、今よりももっとそうだっただろうと思うと、すごいなぁと思ってばかりです。
これからもブログ楽しみにしています☆
| YN | 2017/05/08 10:06 PM |
おはようございます。
以前こちらのブログで空港からの交通手段についてお伺いしたものです。
おかげさまで、とても楽しい旅ができ、ラトビア大好きになりました。
ぜひまた訪れたい国の一つです。
どうもありがとうございました。
| 旅好き | 2017/05/15 7:07 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/2067
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License