ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< イースター準備2017 | main | ルバーブとオレンジのジャム >>
やっと暖かくなった

やっと、やっと暖かくなったラトビアである。

週末サマーハウス生活も開始である。

りんごも満開である。

ルバーブとアスパラを収穫。

 

庭のあちこちで咲いていたチューリップもそろそろ終わり。

ようやくすずらんが五月中に間に合った。

いつものワイン屋でラベルのないワインをもらう。

ラベルがないと売れないからプレゼントします、ということだった。

 

今年はサマーハウスの庭を庭師さんに頼んで色々と整理してもらった。

何しろ築50年近いので、庭木も大きくなりすぎていたりしたのである。

古すぎる庭木を抜いてもらったり、大きくなりすぎた木の枝を整理してもらったり、花壇を作ってもらったり、だいぶすっきりしたのであった。さらに、黒すぐりの木とラズベリーを植えてもらう予定である。

 

今年の春は寒かった。

五月だというのに雪が積もったり、明け方マイナスになったりしたのだった。

リガのアパートでは、去年買ったハイビスカスの木を冬の間屋内で大事にして来たのに、五月のはじめに、もう大丈夫だろうとベランダに出したら0度近くまで気温が下がって、葉っぱが全部落ちてしまった。復活してくれるといいのだが。

 

 

 

【2017.05.28 Sunday 18:45】 author : 管理人
| 別荘 | comments(6) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
管理人さん、こんにちは。
いい季節になってきましたね!収穫したものとワイン、うらやましいなぁ〜〜!すずらん、近所の学校にあるのですが今年は見損なってしまいました。


ハイビスカス、復活しますように!お祈りしてます。うちに以前いたハイビスカスは外に置きっぱなしで冬を越しても大丈夫でした。(寒さの厳しさはあまりにちがいますが)案外丈夫だなという印象の木です。


ヘロ君もサマーハウスで満足でしょうね〜、もうはしゃがないかな?

| megmeg | 2017/05/29 6:10 PM |
こんにちは、megmeg殿。
やっと気持ちいい季節になって来ました。
ヘロは去年よりちょっと大人になって、クッションをイタズラしたりはしなくなりましたが、サマーハウスでは駆け回っています。日曜日の夜にリガのアパートへ帰ってくると、もうぐったりしてます(笑)。
ハイビスカス、ちょっと葉っぱが出て来ました。復活してほしいです。
| 管理人 | 2017/05/29 8:42 PM |
ハイビスカス、復活の兆しありですね!良かったです。
温かくなったといって外に出す、というの私も同じで三つ葉をダメにしてしまいました。ニラは一年中出しっぱなしなのでいいかな、と思ったのですが、やはり植物もそれぞれですね。

ヘロ君、帰って来るとぐったりなんてなんとも可愛いですね〜。

色んな植物を庭に植えられるのがうらやましいです。我が家は庭が狭いので、直に植えては根っこが隣へ行ってトラブルになるから、どルバーブもスグリも鉢植えのみです。でも、ゆずや柿なら旦那の知らない植物のはずだから直植えしていようかな?と悪魔のささやきが私の中で聞こえている最中です。

これからの季節。存分に楽しんでください。
| かまくら | 2017/05/31 6:21 PM |
テーブルクロスが素敵です。爽やかな季節に合った色合いでいいですね!
| かまくら | 2017/05/31 6:24 PM |
こんにちは、かまくらさん。
春先は気温が乱高下するんですよね。うっかりやられました。夏は「金のなる木」を外に出して存分に大きくなってもらいたいのですが、気温が下がって枯れたりしたら縁起でもないので、週間予報とにらめっこしています。
ああ、ゆず、いいですねえ。リガでは柑橘系はまるで無理です。

テーブルクロスはママコレクションの一部です。ありがとうございます。
| 管理人 | 2017/05/31 7:07 PM |

お久しぶりです

白いりんごの花にうっとりしてしまいました
あんなに咲いたりんごの木を見たのは初めてです

甘酸っぱい花の匂いが画面を通してでも感じられるほど
生気にあふれていますね 
エネルギーをいただきました

ルバーブやアスパラガスもお庭で収穫されたものですか
アスパラは日本で食べているものと似ているような違う
ような?


| Kaori | 2017/06/02 9:53 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/2068
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License