ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 擬似リタイア | main | すでに秋 >>
夏休み半ば

帯状疱疹もおさまり、ホッと一息ついたところでダニアレルギー勃発の管理人である。

 

実は、毎年夏になると、訳あってちょっとワイルドな荒地のようなところを訪れる必要があって、そこで蚊とかダニとかに刺されるとアレルギーが勃発するのである。今年はかなり気をつけて重装備で臨んだのだが、ダメだったのである。

 

さておき、夏休みのおよそ半分を帯状疱疹とダニアレルギーでヨレヨレと過ごしてしまった訳である。

ヨレヨレしながら夏休み前半は何をしたのか?と問われれば、

1)「ちょっと塩したきゅうり」を大量に作り続けている。

2)今年は酸っぱいサクランボがせいぜい4kg止まりだった(去年は10kg)ので、ワイン製造ではなく、全てをジャムにすることにして、ジャムを作り続けている。もう少しするとブラックベリーの収穫が始まるので、これもジャムにする予定。

3)今年はりんごの年なので、落ちてきたりんご拾いを毎日している。

といったところである。

 

サクランボのジャムについてメモ。

我が家のサクランボは酸っぱい奴である。

完熟はナマ食してもオッケーだが、やっぱり酸味は強い。

というわけで、加工するのがベストである。

ジャムにするには種を取りペクチン配合のジャム用砂糖を使うべし。

普通の砂糖ではゲル状にならないので注意。

サクランボそのままの味が損なわれるので、丁子とかシナモンとかは入れないほうがいい。

 

 

こちらはサマーハウスを一番満喫している漢。耳が裏返っているのはご愛嬌。

 

今年の夏は肌寒い。最高気温もせいぜい25度ぐらいである。朝夕は20度以下である。

 

夏休み後半はりんごとの戦いになる予定である。

頑張ってシードル作るかなあ、どうしようかなあ、と思案中。

【2017.07.25 Tuesday 05:02】 author : 管理人
| 別荘 | comments(12) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
管理人さん、こんにちは。
ヘロ君、いい顔してますね!家族と一緒でしあわせいっぱいですって顔!

うちはゴーヤでカーテンを作っていますが、実がなる様子がありません。雄花ばっかり咲いています。

暑さは梅雨明けしてから少しマシになっていますが、30度以上の日々です。

ヘルペス、アレルギーともお疲れ様でした!お仕事が忙しい時期と重なったのが辛いですね。ゆっくり、命の洗濯をされてくださいね。

| megmeg | 2017/07/25 12:16 PM |
こんにちは、megmeg殿。
ありがとうございます。できる限りサマーハウスでへろを走り回らせたいです。
ああ、ゴーヤ、懐かしい。亡きママがTVで日本の沖縄の人たちはゴーヤを食べてるから長寿だ、という番組を見てどうしても欲しいというので、日本から種を持ってきましたですよ。でも、温室じゃないと育たないんですよ、寒くて(笑)。農家さんにお願いして作ってもらいました。で、苦味に参ってました(笑)。

30度以上の日々、大変そうです。暑さに負けないでくださいね!
| 管理人 | 2017/07/26 1:13 AM |
ダニアレルギーとは、また大変な・・・と気の毒になっています。

今年はイギリスも寒くて、色んな苗が大きくならないまま、キュウリは夜盗虫に食べられ・・・トマトでさえ大きくならないまま緑のままです。最近、こっちの大きいキュウリの味に辟易してしまい、キュウリのキューちゃん風漬物を作って食べています。

サクランボはペクチン入りのジャム用砂糖使用なんですね。今年。義母が大量の酸っぱいサクランボを持って来て、すべてスムージーに入れて酸っぱいよーって文句言いながら総て消費しきったところだったのです。もし、次があるなら私もジャムにします。

りんごのシードルは私には無理そうで諦めてしまったのですが、管理人さんがもし作るなら、便乗して作ったつもりになって買って来たシードル飲みたいな、と思っています。

ヘロ君の賢そうな顔見ると自然と笑みが出ます。
後半戦も楽しくお過ごしください。
| かまくら | 2017/07/26 11:03 PM |
こんにちは、かまくらさん。
ええ、ダニアレルギーは結構大変です。
きっかけというかトリガーというかは、蚊に噛まれたりとか色々で、私が把握しているのは、「何かに噛まれた」です。で、それが引き金になって、普段なら反応しない家ダニとかその死骸とかに反応するようになって、全身ブツブツです。もう大変。

ええ、サクランボはペクチンが少ないので、ペクチン配合のジャム用砂糖がいいです。その場合はサクランボだけを先に煮て、後から砂糖を加えます。ペクチンは熱に弱いので、最初から入れるとかたまらなくなります。

りんごのシードルはもうどうしようかと。まだ迷ってます。

へろがありがとうと申しております。
| 管理人 | 2017/07/27 3:18 AM |
結構クリックしていたのに、”帯状疱疹もおさまり”の
冒頭だけを老眼で眺めていたら、更新されていたのに
気が付かなかった・・・という老化ぶりです。

なんでもある日本でも探せばあるのかもしれませんが、
ジャム用の砂糖というものがあるというのは、初めて
知りました。種を取る手間が大変そうです。
近所の庭になる夏ミカンを分けてもらってマーマレードを
作るのが恒例です。でも今年は一つ食べてみたら、
房は大きいし、昔ながらの酸味のある夏ミカンで
美味しくて、一つ、一つと食べてるうちにジャム用が
なくなってしまいました。

日頃の忙しさが体調に影響しているのかもしれません。
夏休み中にしっかりとリフレッシュしてください。
ヘロ君 大人の顔になりましたね。

| murako | 2017/07/30 6:34 AM |
こんにちは、murakoさん。
ええ、あるんですよ、ジャム用砂糖。ペクチンが配合されていて、便利です。使い方に注意があって、まず、果物を煮てぐずぐずにしてから砂糖を加えて、溶けたらオッケーという感じです。ペクチンが長く煮るとダメになってしまうからです。
夏みかんなんて、いいですねえ。結局美味しい果物は生が一番ですよね。

ありがとうございます。一生懸命リフレッシュします(笑)。というか、その前にダメ人間になってしまいそうな感じです。
| 管理人 | 2017/07/31 4:28 AM |
初めまして、コメント失礼します。

チェリーはジャムにされるのですね。
ついついu-pickで採りすぎていつも悩んでいました。来年は作ってみようかな。
こちら(US)はチェリーが終わり、ピーチの季節に入りました。

夏もそろそろ終わりが見えてきましたね。ほんとに夏はあっという間!

お体お大事になさってください。
| まき | 2017/08/09 11:43 AM |
管理人さん、こんにちは。

7月半ばからリガに居させて頂いていますが、来て3日目から全身カユカユになりました。日本のDr.に相談したところ、ヒマワリ油を摂取していない?と聞かれました。お惣菜オンパレードの日々で、特にニンジンサラダを毎日モシャモシャ食べてヒマワリ油を大量摂取していたようです。あと、密閉性の高いアパートはノミダニさまの御殿と化しているようで、ダブル攻撃でした。

ワンコをお散歩させている人をよく見かけます。あと、空き地で野良ニャンコの集会もよく見かけます。シロツメクサ、アカツメクサ、子供の頃を思い出して懐かしくなりました。
| mori | 2017/08/10 7:55 PM |
こんにちは、まきさん。
去年は10kgほど採れてしまって仕方なく発酵させてワインにしました。今年は少ないのでジャムにしました。種取りが面倒臭かったです。

ええ、本当に夏はあっという間ですね。冬は長いんですけどね。残り少ない夏を残さず楽しみたいと思います。

こんにちは、moriさん。
ラトビアは自然が身近すぎて、夏の間は虫も身近になってしまってます(笑)。ラトビアの人たちは蚊に刺されても腫れもしないんですよ。免疫なんでしょうね。

わんこもニャンコも多いですよね。
| 管理人 | 2017/08/13 12:37 AM |
初めまして!
2009年3月の記事を見てメールを見て お尋ねしたくご連絡させていただきました。こちらに書いていいのかわからなかったのですが、、、

近く、ラトビア、エストニアに 布、主にリネンを買いに行きたいと思っています。リトアニアのリネンは手に入りますが ラトビア、エストニアは日本では見かけません。
2009年3月の記事のように、8年経った今もラトビアは布屋(洋服地のリネン)を売っているところは 少ないでしょうか。
なかなか、生地屋の情報を得られないので 何か情報をお聞きできると嬉しいです☆

| やまぐ | 2017/09/03 1:39 AM |
こんにちは、やまぐさん。
ラトビアのリネン(服地)はたいていの服地屋さんに置いています。主に新市街に多いです。私のオススメはLareliniというリネン屋さんで、工場はイェルガワという街にあります。私は工場へは行ったことがありませんが、リガにとても小さなお店を開いているので、そこへ時々買いに行きました。最近は時間がなくて洋裁をしなくなってしまったので、2年ぐらい行っていませんが、まだあると思います。
Br&#299;v&#299;bas iela 147
Tel.: +371 67375310
です。服地はあまりたくさんの種類は置いていませんが、リネンのシーツとか掛け布団カバーとかが激安です。現金オンリーです。ただ、伝統柄とかではないです。伝統柄ではテーブルカバーとか、キッチンの布巾とかが一般的で、それ以外には利用しないのかもしれません。
出来合いの小物は旧市街でもどこでも至る所で見かけます。

あと、ラトビア語で麻の服地はlina audumsと言います。これを検索語にしてググるとたくさん情報が出てきますよ。
| 管理人 | 2017/09/14 12:52 AM |
あ、文字化けしてしまいましたね。
Brivibas iela 147
です。
| 管理人 | 2017/09/14 12:53 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/2075
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License