ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< iPhoneで星の軌跡写真 | main | バレンシア2017 >>
毎日を楽しく過ごすには

うかうかしていたらすでに12月になっていて、全く光陰矢の如しとはこのことだ、と毎年のようにつぶやいてみる管理人である。

 

さて、もうそろそろ、と言っても、まだまだ二週間ほど働かないとクリスマス休暇にならない。

がしかし、言い方を変えれば、あと二週間働けばクリスマス休暇でなのである。
馬の鼻先にニンジンをぶら下げて、前へ前へと進ませる。
そんな感じの管理人の毎日である。
クリスマス休暇はバレンシアへ行く予定である。
疲れて帰ってきた日は、バレンシアの観光スポットやレストランを検索して、楽しい気分に盛り上げる。
だけれども、それは、なんていうか、対処療法みたいなものなので、消耗して無理やり気分を盛り上げてるようなものである。
どうにか、毎日朝から楽しい気分でいるにはどうしたものだろうか、と常々考えてきたのである。
職場から帰ってきたときに、とっても楽しいことが待っていれば良いんじゃないだろうか?
じゃあ、毎日楽しいことを設定すれば良いわけだ。
ということで、試して見たのが、料理である。
美味しい夕飯が待ってるという事実は勤労時間を楽しい時間に変えてくれる。
それは確かなことである。
問題は、それを用意するのが管理人だ、ということである。
自分で料理するのにワクワクするぐらいの楽しみを持てるのだろうか?
なんかもう、家に帰ってこれ料理するのがすごい楽しみ!
という状況を作り出したいわけである。
ワクワク感に必要なのは、何らかの未知のもの、そして、それが良いものなんじゃないかという期待感である。
それを毎日の料理に応用するにはどうしたら良い?
答えは簡単である。
人気料理家のレシピを忠実に再現するのである。
通常、ネットで見つけたレシピを試すとき、自分なりに変更して、手元にない材料やハーブを割愛したりする。今回はこれを禁止として、もう、ハーブも調味料もきっちり揃えることにしたのである
さらに、読んだだけではよくわからない工程が完璧にわかるようにするには、動画が必要だと気づいたので、
今回、管理人はジェイミー・オリバーのレシピでYoutubeに動画がアップされているものの中から材料を集められるものを選んだのであった。
もう、これが大成功。
動画を楽しんで、材料を集めて、自分で実際作って見て、美味しいのである。
旦那も絶賛。
という具合に毎日を楽しく過ごして来た管理人である。
もうすぐクリスマス休暇。
ラストスパートである。
【2017.12.04 Monday 01:35】 author : 管理人
| 食べ物 | comments(9) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
> あと二週間働けばクリスマス休暇でなのである。
ですねぇ。ウチの学科では、学部卒論の中間チェックのある時期です。例年、数人は何もしていないことが発覚します。
年明けに、中国出張が決まりまして、一時帰国の短縮することに。中国人同僚を行かせると、先方の英語能力をチェックできない、しかし、イギリス人だけだと、単独行動ができない… と、いうことで、お鉢が回ってきました。
バレンシアでは、海の幸を楽しんでください。また、米どころで、日本米も栽培されているようです。アラブの影響もあるので、クスクスなどもあるとか。

> ジェイミー・オリバーのレシピでYoutubeに動画がアップされている
アンジェラ・ローソンのも良いですよ。
| 現役lecturer | 2017/12/04 5:17 PM |
管理人さん こんにちは。
いつもながらの管理人さんの”攻め”の姿勢には脱帽
です。ついつい新しい料理にチャレンジでも匙加減が
入ってしまって、かつて”書いてある通りの分量で
まずは作ってみて”と言われてしまいました。
料理の本、レシピはこちらが知りたいことが、書いて
なかったりすることもあるので、動画でじっくり
眺めてからチャレンジするのはいいことですね。

一生懸命に働いてこその休暇、思い切りリフレッシュ
してきてください。
| murako | 2017/12/04 6:58 PM |
こんにちは、現役lecturerさん。
卒論手つかずは困りますね(笑)。まあ、自己責任ということで。
年明けの中国というのは春節の直前で、日本の暮れみたいな雰囲気なんでしょうかね?イギリス人だけだと単独行動ができない、というのは漢字が読めないからでしょうか?
ええ、バレンシアでは魚介類をひたすら食べて来ます!どうやらあきたこまちが買えるようなので、楽しみです。

こんにちは、murakoさん。
レシピに忠実にというのは難しいですよね。材料を揃えるのが面倒、計るのが面倒、こんなもんでいいか、いいよね、ってずっとやってました(笑)。最近は動画が沢山あるのでわかりやすくていいですよね。これからは料理本もYouTubeビデオ付きじゃないと売れない時代が来るかもしれませんね。
| 管理人 | 2017/12/05 6:00 PM |
それ、いいアイデアですね! 家族も自分もホクホクした気分になれそうです!
ジェイミー・オリバーのレシピとは・・・凄い・・・と脱帽です。彼のレシピは揃えるものが多すぎて、前に諦めたのですが、ちゃんとそろえてレシピ通り作れば見違えるなら頑張ってみようかしらと思ってしまいます。
バレンシアは別世界のようでしょうね〜。ここは夏でも暑くないので、一年中冬仕様の身体になってしまい、暖かい世界は憧れですが身体がついて行かないです。で結局3月はポーランドに行くことになりました(笑)。
お仕事頑張ったご褒美、満喫してきてください。
| かまくら | 2017/12/07 6:35 AM |
こんにちは、かまくらさん。
ジェイミー・オリバーのレシピで、TV4で放送されていたQuick & Easy Foodとかいうのが、5つの材料だけのレシピでよかったです。YouTubeにビデオがあって、ジェイミーのHPに放送分のレシピも掲載されています。
バレンシアでも流石にこの時季なのでせいぜい15度ぐらいのようです。私も一年中冬仕様です(笑)。ポーランドもいいですね。まだ行ったことがないので、いつか行って見たいです。イースター休暇の計画もそろそろ練り始めないと、ですね!
| 管理人 | 2017/12/07 4:04 PM |
管理人さん、こんにちは。

ただいま当方落ち込んでおります。
毎日忙しく一日はあっという間、思うようにこなせないことに消耗してきました。

私は1月に温泉予約しました。12月も久しぶりの友人と会う約束もいれて、楽しみを作って乗り切りたいとおもっております。

バレンシア、楽しんできてくださいませ!
| megmeg | 2017/12/07 6:17 PM |
こんにちは、megmeg殿。
そういう時ありますよね。でも、「1日一歩、三日で三歩、一歩進んで二歩下がる」ですよ。大丈夫大丈夫。楽しいことが待ってれば大丈夫!気楽に構えて乗り越えてください!ラトビアから応援の念を送りますよ&#12316;。
| 管理人 | 2017/12/08 5:17 AM |
初めまして、こんにちは、ずいぶん前にビーツを検索していて管理人のお部屋に来ました。以来時々訪問しております。実は私は2006年に「マーラが与えた人生」を訪ねてラトビアを訪問しました。そしてその日本語版をリリースしました。訳詩のオリジナルは黒澤歩さんというリガ大学で日本語を教えてらした方です。
いきなりで恐縮ですが、私の旧友で元文春の編集者が管理人のブログを大変気に入られて、ご自分が現在発行している冊子に時々掲載したいとのことなのです。どんな冊子なのかご覧いただき、その上でお考え頂ければ幸いです。
その方も一緒にラトビアに行きました。ご迷惑でなければ、まずは冊子をお贈りしようと思います。私の個人メールに送り先を教えて頂ければありがたく存じます。
唐突で申し訳ありません。宜しくお願いいたします。
| 小田陽子 | 2017/12/14 9:18 PM |
こんにちは、小田陽子さん。
お友達がこのブログを気に入っていただいているとのこと、大変嬉しいです。日本語版の「マーラが与えた人生」YouTubeで拝聴しました。娘に幸せをあげ忘れた、というフレーズはジンときます。それはすなわち、母親も幸せを知らなかったということだと思います。
| 管理人 | 2017/12/18 12:48 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/2081
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License