ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 毎日を楽しく過ごすには | main | バレンシアは美味しい街 >>
バレンシア2017

ついに、とうとう、待ちに待ったクリスマス休暇へ突入の管理人である。

 

ああ、長かった。指折り数えたクリスマス休暇である。

金曜日までみっちり授業で、土曜日から休暇である。そして、その土曜日にフランクフルト経由でバレンシアへ飛んできたわけなのである。

 

そんなフライトなので、学生さんたちもたくさん乗り合わせていて、「やあ、やあ」と挨拶しながらのフライトとなった。

 

バレンシアはそれはそれは暖かく、日中の気温は16度。すっきりと晴れて、空は突き抜けるような青さである。

それでも地元民にとっては全くの冬で、毛皮の襟巻きをしている人もいるし、装いは完璧に冬支度である。

そんな感じなのに、やっぱりサングラスは必需品だったりする街なのである。

 

雪なんかとは全然関わりのないクリスマス。

でも、バレンシアはカトリックが大半なのでクリスマスはクリスマス。

そんなこんなで、お店の開いていない日曜日でも街はたくさんの人出であった。

街角ではジャズが流れ、人々が踊っている。

日光を浴びながら、でもちょっと寒いらしく、ストーブにあたりながらビールを飲む。

そんな、なんだか不思議な南国のクリスマスなのである。

 

ここに6泊して、本当のクリスマスはリガで過ごす予定である。

 

さあ、魚介類を食べまくるぞ(笑)

写真は後ほど。

【2017.12.18 Monday 05:57】 author : 管理人
| 渡航 | comments(4) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
既にバレンシアなんですね!
おめでとうございます!っておかしな表現でしょうか?(笑)
抜けるような青空、想像しちゃいますねぇ。サングラス、それとともに冬の装いのバレンシアの人々。いいですね〜!
思う存分楽しんで美味しいものを食べて来てください!
写真楽しみにしています。
| かまくら | 2017/12/18 6:53 AM |
> そんなフライトなので、学生さんたちもたくさん乗り合わせていて
そこまで、タイトはスケジュールを考えたことがありませんが…
ウチの大学の場合、先週後半に五月雨式に出発したようで、ピークは木曜、金曜だったようです。
あと数日、課題の採点、年明けの出張準備等の仕事をした後、雪山に籠ります。
ワインと魚介類、そして日照時間の長さを楽しんでください。
| 現役lecturer | 2017/12/18 4:29 PM |
しっかり頑張った後の休暇。しかも日差したっぷりの
バレンシアでの休暇。どれほどの解放感と充実感に
満ち溢れた日々でしょう。 羨ましいです。

学生さんは休暇をどこで過ごすのですか?

暖かいところから寒いリガに戻れた時に風邪をひかないよう
気をつけてください(老婆心)。
| murako | 2017/12/18 5:14 PM |
こんにちは、かまくらさん。
ありがとうございます。本当に良い天気続きで青い空を満喫しています。バレンシアは街路樹がオレンジだったりみかんだったりパームだったりで南国気分満載です。食べ物美味しいです。後、ワインが安くてびっくりです。

こんにちは、現役lecturerさん。
ええ、一部の学生さんは最後の授業を待たずに帰国したようです(笑)。うちの大学はドイツからの留学生が一番多いのでフランクフルト行きのフライトには私の学生さんも旦那の学生さんもたくさん乗り合わせていました。採点等お疲れ様です。楽しい休暇を!

こんにちは、murakoさん。
学生さんたちはそれぞれの国へ帰ってクリスマスと年末を過ごします。中には遠くて帰らずにリガで新年を迎える学生さんもいます。
ええ、気温差には十分気を付けます。気温差は15度ぐらいですから結構こたえそうです。
| 管理人 | 2017/12/20 5:16 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/2082
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License