ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< バレンシア2017 | main | クリスマス2017 >>
バレンシアは美味しい街

さて、バレンシア。

まずは中央市場から。

それは素敵な市場であった。

中に入ると

ライブ子豚解体。

おお、バレンシアンも子豚食べるのね!と謎の共感を持つ管理人であった。

で、この市場の大きな特徴といえば、

ハモン・セラーノ!!

もう、ハモンだらけ!

 

生ハムといえば、パルマ。

以前、パルマに行った時、「生ハムは前菜にしますか?それともデザート?」と聞かれて衝撃を受けた覚えがあるのだが、もう、大人になった管理人は、生ハムがデザート、というコンセプトを十分理解できるようになっているのであった。

 

というわけで、バレンシアではレストランでも甘いものを拒否してデザートにハモンを注文したのであった。

 

バレンシアの恐るべきところは、小さなスーパーマーケットでもハモンのスライスが激安で買えるところで、これがまた素晴らしく美味しいのである。

 

ワインも美味しくて安い。

 

もう、夢のような街、バレンシアである。

【2017.12.20 Wednesday 07:08】 author : 管理人
| 渡航 | comments(5) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
一年 お仕事お疲れ様でした。

そして、バレンシアにいるのですか!?
なんと羨ましい!!

暖かくて、お料理が美味しくて、そして確かワインをみんなジュース代わりか、という位飲むような所でしたよね。笑

生ハムの揃えが桁違いなのも納得です!

楽しんで下さいね&#127774;
| Kayo | 2017/12/21 4:02 AM |
まだ大人になっていない私は、生ハムの美味しさが
理解し切れていません。
本場の味に触れていないからでしょう。日本で売って
いるものがあまり好きになれないのは、塩味が強い
ことです。本場はどうですか?

ワインが美味しく飲める気候、食事、雰囲気、それが
一番羨ましいです。
| murako | 2017/12/22 8:20 AM |
わ〜お!と写真を見て、声を出してしまいました。

本当に素敵な市場ですね。なんだかイギリスのような色合いなのもカッコいいです(笑)。子豚ちゃん解体ショー、見てみたいですが、もしうちの旦那さんが見たら、折角食べられるようになった豚をまた食べなくなるかも、と心配になります。

どこにいても生ハムの姿を見られる街って、贅沢な気分になりそうです。デザート・・・どんなのでしょうか。私はまだまだ経験が足りず想像出来ません。

リガでのクリスマスも楽しんでくださいませ。
| かまくら | 2017/12/23 2:43 AM |
こんにちは、Kayoさん。
ええ、バレンシアに一週間ほど行ってました。海の魚が食べたくて、というのが動機です。暖かくてとてもいいところでした。暖かいっていいなあ、としみじみ思いました。さて、帰って来たのでクリスマス準備です。これもまたスピード感があってよかったりします。Kayoさんも楽しいクリスマスを!

こんにちは、murakoさん。
生ハムはしょっぱいので極薄にスライスされているのが美味しいのだ、というのが私の理解です。確かに塩味がきついですよね。
楽しい旅行はあっという間に終わってしまいました。クリスマス準備と新年準備、頑張ります!

こんにちは、かまくらさん。
いやはや、空が抜けるように青くて、眩しかったです。ええ、どこへ行っても生ハムの店があって、入ると、それはもううっとりするような香りでした。忘れられません。
ええ、大急ぎでクリスマス準備します!
| 管理人 | 2017/12/24 6:44 AM |
次回は、6〜7月のマドリードをお勧めします。林のように天井から生ハムがぶら下がっている店が多くありまして、気温で脂肪が融けるので、傘を一番下に刺して、回収しています。ハモン・セラーノ一部には、ケイパーで味付けしたものもあります。
あと、ミラノやボローニャあたりのイタリアでも。夏場だと、メロンに添えて、前菜で出してくれます。

バルセロナの共同研究者が、年末にイギリスに来るとか言っていまして、生ハムを密輸してくれるとか… スペインやイタリアに共同研究者をつくりましょう! ただ、代償が簡単な人に限ります。(イギリスの小型で酸っぱいリンゴを輸出しています。)
| 現役lecturer | 2017/12/26 4:25 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/2083
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License