ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< バレンシアは美味しい街 | main | 2017うさぎのワイン煮 >>
クリスマス2017

バレンシアから22日の夜中1時に帰宅して、大急ぎでクリスマス準備をした管理人家である。

 

今年のクリスマスメニューは

1)鯉

2)うさぎの煮込み

3)ザワークラウト

4)ブロス

5)ちょっと塩した鮭

6)ウナギの燻製

である。

 

今回、バレンシアの魚介レストランで出されたエスプレッソカップに入ったやたらと美味しいブロス(要は牛やら豚やら鳥やらのコンソメの濃いやつ)に触発されて、我が家でも濃厚ブロスを作ってみたのだった。インスタントポット(電気圧力鍋)のおかげで材料を入れてスイッチぽんで出来上がりであった。

 

今年の食材はなかなか大きなものとなった。

鯉 35cm

うさぎ 2.5kg

鮭 3.5kg

 

鯉は皮を破かないように骨と身を取り出し、身は鮭の切り身とオレガノと混ぜてミンチにし、皮に詰め直して1時間茹でる。通常、こういった料理にはバターが多用されているのだが、我が家の鯉はクリスマスイブようなのでバターなしである。我が家はカトリックなのでクリスマスイブは肉卵牛乳等が禁止なのである。しかし、バターなしでも大変美味しいのですよ。

鯉

煮汁を塩胡椒で味を調整して鯉の周りに注いで冷蔵庫へ入れるとゼリー状に固まるのである。

これをソースがわりに西洋ワサビと一緒に食べるのである。

今年の鯉はクリスマス用にやっぱり赤と緑でデコレーション、と思って適当に散らした赤パプリカとイタリアンパセリがいい感じに味にアクセントをつけてくれて大成功であった。

 

さてさて、全ての料理がなんとか間に合って一安心のクリスマスである。

 

【2017.12.25 Monday 13:48】 author : 管理人
| クリスマス | comments(13) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
> 魚介レストランで出されたエスプレッソカップに入ったやたらと美味しいブロス
魚介レストランでしたら、魚、貝、エビなどのブロスでは? ブイヤベース、魚のスープ、海のパエリアの出汁… とかに使われています。

バレンシアからのお土産は何ですか? スペインで鰻を食べた記憶が無いんで… イタリア北部、デンマークだと、ありますが。
| 現役lecturer | 2017/12/26 4:17 AM |
こんにちは、現役lecturerさん。
ええ、お店の人に聞いたら牛とか豚とか鳥とか、って言ってました。鳥が主成分っぽかったですけどね。
魚介のちゃんとしたレストランに2軒行ったのですが、どちらも動物系のブロスを食前に出してきました。これが、エスプレッソカップのサイズで、全く食欲を書き立てるのです。驚きました。

バレンシア土産はもちろん、魚介の缶詰です。ちょっとお高めの缶詰をみつくろって爆買いしました。特に貝類とかラトビアではほとんど無理なので。あと、レモンチェロのバレンシアオレンジバーションとかあったのですが、試飲したところ、特に感心しなかったので買いませんでした。ハモンのスライスパックは買いましたよ。あと、羊チーズとかですね。
| 管理人 | 2017/12/26 4:57 AM |
どんなに楽しんでも、管理人さんのお家のクリスマスは
お姑さんから受け継いだクリスマスの食卓なんですね。
手抜きをしないところが、すごいです。
ラトビアでは貝類は缶詰にしろあまり好まれない
のですか? 婿殿がいくら、数の子は平気ですが、
ほたてとかの貝類、いか、たこ 全然だめです。

どうかよいお年をお迎えください。
| murako | 2017/12/26 4:22 PM |
こんにちは、murakoさん。
日本はもうすっかりお正月に向けたデコレーションでしょうか。
ラトビアでは貝類はほとんど見かけません。バルト海に住んでいないんだと思います。高級魚屋に行くとムール貝とか生牡蠣とかは売ってます。でも生牡蠣を喜んで食べるラトビア人は少ないです。いくらはラトビアでも大人気です。いか、タコは苦手な人が多い感じです。
murakoさんも良いお年を!
| 管理人 | 2017/12/26 9:19 PM |
鯉の準備って大変なんですね〜!骨と身を皮から外して鮭と合わせてミンチにするなんて、鮭の丸ごと買いを始めて3枚におろすだけでヘトヘトになっている私には、気の遠くなる作業に思えます。
尊敬です。

イギリスのクリスマスはターキー、東欧では鯉、など違いがあるなら、我が家のクリスマスは我が家流で、と肉嫌いな旦那さんの為に我が家は鮭がメインに来ます(笑)。クリスマスのケーキも日本風、その周りには大福で作った雪だるま・・・。ちゃんと旦那さんのお母様から受け継いで作っている管理人さんとは大違いでお恥ずかしい限りです。

記事を読んでたらやっぱり電気圧力釜欲しくなってきました。その前に先ずフライパンなのに・・・。

年末年始、楽しく健やかに過ごされますよう。。
| かまくら | 2017/12/27 6:41 PM |
こんにちは、かまくらさん。
そーなんですよ、大変なんです。日本人にしかできない作業ですよ(笑)。いえいえ、なんていうか、材料が手に入らなくて日本風にはできないだけです。ラトビアで作るにはラトビアの料理が一番簡単です。
電気圧力鍋、いいですよお。ただ、InstantPotは容量が大きいので、もうちょっと小さい方が使いやすいと思います。ああ、うちもフライパンを買い換えたいけど、まだ使えるから、と頑張ってるところです。

良いお年をお迎えください。
| 管理人 | 2017/12/27 11:11 PM |
大変ご無沙汰いたしました、寄る年波でいささか体調を崩し
前線より後送加療中でありました。
また参加させてください。

当地のクリスマスは、前にも書いたかなぁずぼらなオージーそのもの、巨大な足一本丸のままのハム、それとエビ、海水で茹出たもの
もうかれこれ30年毛ほどの変化は見られません。

ハムはそのまま齧る…ではさすがになくて蜂蜜やら塗ってクローブなど差し込んでからオーブンで焼くそうです。
クリぼっちの若い衆なんかどうするんだろう?
エビの方は塩味が付いているのでそのままから剥いて。

ラトビアの管理人さんとこ見たいなクリスマス料理はサァ誰か作っている人はいるのかなぁ。

あ、美味しいものといえば山ほどドライフルーツを入れてこれでもかというほどお砂糖とラードを入れて茹でたクリスマスプディング、こねて布で包んでお湯にドブンのプデイングは美味しい、かまくらさんあたりはイギリスでお楽しみでしょう。

なんにしろ夏の真っ盛り、クリスマスもお正月も気分がでないことおびただしいものがあります。

管理人さんはじま皆様良いお年をお迎えになりますように。
| さんさん | 2017/12/28 5:43 AM |
管理人さんより先にコメント入れてしまいます。

さんさんさんの名前を最近見かけなかったので、どうしているのかと思っていたところです。名前を拝見できて嬉しかった上に、私の名前まであって、これまた「あぁ、うれしい」とキーを押しています。

イギリスのクリスマスプディングは、味が濃いですねぇ。旦那さんは好きで毎年食べますが、私は一齧りするだけです。アルコールの匂いに酔っちゃうような感じで(笑)。

来年は私もクリスマスプディングを楽しめるように、成長したいです。

皆様良いお年をお迎えください。

| かまくら | 2017/12/28 6:11 AM |
大家さん抜きで勝手に店子同士で盛り上がりましょう。
しばらく不在していてご無礼いたしました。もう大丈夫らしいです、と言ってもモーロクジジィのこといつどうなっても不思議じゃないけれど。

ホンの薄い一切れでお腹が膨らむあのクリスマスプディング
本当か嘘かブランデーをしこたま掛けてあるので本国から植民地(うちらへんのことですなぁ)まで船で送っても味が変わらない、とか。ほんとかなぁ。
もっとも十一月半ばには町のベーカリーには布で包んだ砲弾型のやらかん缶に入ったのやらプディングが売りに出されます。
「気がはやいねぇ」と親父に言うと「海外発送の分だよ、重たいからみんな船便で送るからねぇ」と裏話。
植民地からまたどこかに送るんだろうか、案外ロンドンに送ったりして、ははは。
かまくらさんご夫婦に特別上等な来年が来ますように。
| さんさん | 2017/12/28 4:30 PM |
お、盛り上がってますね。お帰りなさいませ、さんさんさん。
体調、良くなってよかったです。お待ちしておりました。
クリスマスプディング、リガでは見かけないですねえ。見たことがないので、思わずググってしまいました。
なるほど、ドライフルーツがたくさん入った重いサバランみたいなイメージでしょうか。クックパッドの英国大使館のレシピを見ると、材料の脂が牛脂になってますね。ない場合はバターでも可。濃厚な味が想像されます。

もう、新年まで数日。
みなさま、良いお年をお迎えください。
| 管理人 | 2017/12/29 8:16 PM |
管理人さん、こんにちは!
はげまし、ありがとうございました。届きました!

さんさん様おかえりなさいませ〜。

バレンシア、ステキでした。生ハムをデザート、なんて素敵!

クリスマスもお正月も仕事なので、みなさまのお話で楽しませていただきました。

良いお年を!
| megmeg | 2017/12/30 3:13 PM |
みなさんからたくさん
「お帰りなさい」を言っていただいて
滅法界わたしゃ幸せ感を感じておりますです、ありがとうございます。

そですか、ラードじゃなしにヘットねぇ
あのねっとり感は必ずや動物の脂肪だろうと読んでおりましたが
牛脂は冷たくなるとカチンと固まる、口当たりが悪かろうと思い
ラードじゃないかしらんと思ったのですが、しかしあれだけヘットが入ったらこれはカロリーすごいことになりますですよ。

サイズが気になる方は美味しいけれど近づかないのが賢明。うち辺のおばちゃんバァさんの姿をお目にかけたいぐらいです。
| さんさん | 2017/12/30 6:58 PM |
こんにちは、megmeg殿。
元気になってよかったです。
バレンシアは関東地方の気温よりちょっと高いぐらいで、暖かくてよかったです。リガは今年も暖冬で、雪は降っても積もりません。とか言っているとドカドカと降ったりするので油断は禁物ですが(笑)。
私もお正月2日から通常営業です。頑張りましょう!
良いお年をお迎えください。

こんにちは、さんさんさん。
伝統料理なら一度は食べてみないといけないですね。私もいつか食べてみたいです。牛脂はヘットというのですね。一つ賢くなった気がします。
| 管理人 | 2017/12/31 12:15 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/2085
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License