ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< クリスマス2017 | main | ラトビア首相夫人主催、日本首相夫人歓迎昼食会 >>
2017うさぎのワイン煮

今年のうさぎの煮込みは大変好評だったので覚書。

我が家はワインの飲み残しを一本のボトルに溜めて、それを料理に使っている。

適当に酸化して酢みたいになるのだけれど、煮込みにはそのほうがいい。

 

材料

1)うさぎ、今年は2.5kgであった。料理に使える部分を2等分して2回に分けて食べた。

2)きのこ。今回はオイスターマッシュルームを使用。
3)赤パプリカ
4)セロリ
調味料
塩、コショウ、ローレル適宜、パプリカ粉テーブルスプーン1杯、バルサミコ酢、ワイン
準備
1)オーブンを200度に設定する。
2)きのこ、赤パプリカ、セロリを適当に切っておく。
3)うさぎは解体済みとする
手順
1)赤パプリカ(短冊状)、きのこ、セロリ(薄切り)をオリーブオイルで炒める、適当に塩胡椒。
2)1)を煮込み用鍋に移して、うさぎをフライパンで焼き色をつける。
3)うさぎも煮込み用鍋に移して、空のフライパンにワイン100mlぐらいを入れて、旨味をワイン煮移したらそれを煮込み用鍋にそそぐ。
4)バルサミコ酢(そんなにお高くないもの)50mlぐらいを煮込み用鍋に注ぐ。パプリカ粉も投入。
5)うさぎ肉が野菜に埋もれるように調整して、オーブンへIN。200度で2時間煮込む。
美味しくて写真をとってる時間なし。
というわけで、写真なし。
【2017.12.30 Saturday 02:14】 author : 管理人
| 食べ物 | comments(9) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
クリスマスの恒例食ウサギのワイン煮込み
とうとうレシピ公開になるまで手に入ってこられましたね。すごいすごい。不思議なことにウサギはここではとんと見かけません、あまりたくさん野ウサギがいて見ただけで食傷しちまったのだろうか?

これはママから伝承のお料理ですか、それとも管理人さんが
最初はネットで見つけられたレシピが発展したもの?

日本人が正月に何はなくても雑煮だけは、とか
いや雑煮も味噌味でなければ
などと肩肘張るようにラトビアの家庭もクリスマス料理にこだわる部分があるのでしょうか。
| さんさん | 2017/12/30 8:26 AM |
私としたことが、書き忘れました
管理人さんはじめこのページに集う人々の
来年という刻に平和がありますように。
| さんさん | 2017/12/30 8:29 AM |
写真がないのが、一緒に食べた気になれなくて
ちょっと残念!
煮込み鍋に入れて蓋はせずにオーブンで焼くの
ですか?それとも蓋をして焼くのですか?
ラトビアではメインの肉魚類にはどんな
野菜料理を召し上がるのですか?野菜
大好き人間としてはちょっと興味があります。

残ったものの活用としてピクルス液を
鶏のトマト煮の中に入れてしまいました。
まったく問題なかったです。これからは
捨てなくていいように、なんでも試して
みようと思いました。

スペイン料理ではパプリカパウダーを多用するようですが、
買ってこられました?
簡単なイワシのトマト煮込みにパプリカパウダー 大匙3
とあり、市販のスパイス瓶では一気になくなってしまうと
思っていたら、大袋で売っていると聞きました。
こちらでは、まだふんだんにつかえるようなパプリカの
袋入りは見たことがありません。

さんさんさんのコメントがまた復活してうれしいです。
皆様、ご健康に恵まれた佳き年となりますように。
| murako | 2017/12/30 10:04 AM |
こんにちは、さんさんさん。
これは私の独自レシピです。ラトビアの家庭にはまあ、それぞれこだわりがありますが、うさぎに関してはあまりないように思います。ママ流だとワインとかは使わずに、重いクリームをドパーっとかけて煮込みます。それは柔らかく仕上がります。
ラトビアの家庭ではきっちり手料理が多いので、大抵その家のレシピが存在します。最近は若い人がおしゃれなレシピを取り入れたりしてだんだん変わってきているように思います。

こんにちは、murakoさん。
写真撮り忘れました。。。
煮込み鍋はパイレックスのガラス製のものを使っています。煮込みは蓋をしたままです。野菜はザワークラウトです。生のものではなく、ベーコンやらワインやらと一緒に煮込んだものです。あとは、トマトとかきゅうり、パティソン等のピクルスですね。もしくはビーツまたはかぼちゃを茹でて甘酸っぱくマリネしたものです。
あ、スペインではパプリカ買ってきましたよ。市場で買い込んできました。パプリカには色々等級みたいなものがあるらしく、special(と言っても200mlぐらいで2ユーロ)というのを買ってみたところ、うーん、と唸る美味しさです。
| 管理人 | 2017/12/31 12:08 AM |
管理人様そして
このページに集うあの方もこの方も
そしてこれから読んで「おう、これは」と参入される方々も
帰り新参のさんさんでございまする。
遅なわりましたがまだ松の内、あらためましてどちらさまもおめでとうございます、今年のよろしゅうにお引き回しくださいますように。
| さんさん | 2018/01/04 3:15 PM |
明けましておめでとうございます。

ウサギ肉の料理、興味津々です。
バルサミコ酢を結構な量入れるのですね。
レシピだけではどんなお味なのか想像できないですが、すごく食べてみたいです!

管理人さんの料理のブログ見てると、私のだらけた食生活をすぐにでも見直さないとって気になりました。(汗)

初めての食材にも色々トライしてみます!
| Kayo | 2018/01/07 6:39 AM |
あけましておめでとうございます。さんさんさん。
帰ってきてくださってありがとう!
たくさん面白い興味深いお話を聞かせてください。
みなさん同じ気持ちだと思います。

あけましておめでとうございます、Kayoさん。
200度で2時間煮込むと酢の酸味はなくなってしまいます。でもこの酸味が肉を柔らかくするので必須なのです。これは結構濃厚な感じの味になります。

ラトビアは肉系の宝庫ですから、ぜひ色々チャレンジしてみてください。子豚もぜひ。日本では無理な食材もお安く手に入るのでぜひこの機会に試してみてくださいな。
| 管理人 | 2018/01/08 1:46 AM |
作ってみました…
赤ぶどう酒煮込み。
暇な老人の暇つぶし。
レシピを拝見すると方向的にはフレンチのコックオーバンとほぼ
あくまでもほぼでありますが似ている。
違うのはパプリカ、要するのでかいピーマンの赤いやつですな、とバルサミコが入ること。
ウンこれならできる、がしかしうさぎは世界の果てのオーストラリアのそのまたど田舎じゃ売っていない、あたり眺めたって見当たらない。
さりとてウサギを探しに鉄砲担いで郊外に出かける気にもならない(そもそも鉄砲なんか持っていない)。

うさぎは食べたことがないが想像するに筋肉質で脂肪がなくそれでいて旨味が多い、身近な食材では鶏の胸肉が近いんじゃなかろうか。
しかしトリを使ったんじゃそれはコックオーバンそのもの。なんか地の果て風の食材はないかと思っていたらそうだ、街のスーパーの冷食の棚に
ワニがあったのを思い出しました。うちから1000kmも北に上るともう岸辺にはワニがうようよ。川だろうと海岸だろうと
「ワニ危険」の立て札が立っています。
だから間引いたワニの肉がスーパーに並んでいても不思議じゃない。
で、どうだったの結果は?私もワニを食べるのは初めてでしたが管理人さんのが北ヨーロッパの文化の香り高い作品ならワニのぶどう酒煮込みはチキンとお魚の中間ぐらいの歯ごたえ、匂いもなく適当な歯ごたえでお味はワインと野菜それにチキンストックが煮込まれた結構なものでありました…

う&#12316;ん、クロコダイルダンディー風ぶどう酒煮込み、おいでになりませんかご馳走しますよ。
| さんさん | 2018/01/13 7:24 AM |
こんにちは、さんさんさん。
ワニをワイン煮込みにしましたか!!さっすが!
オーストラリアはうさぎ食べないんですか。なんだかなんでも食べるような気がしてたのですが。
ワニはその昔、横浜は石川町のオーストラリアレストランで食べたことがあります。カンガルーも食べましたよ。ワニは本当に白身の淡白な肉質だったと記憶してます。カンガルーは硬かった(笑)
でも、ワニ、スーパーで売ってるんですね!ワイルドそのものです。クロコダイルダンディはラトビアからの移民なのだ、というのがラトビア人の主張です。本当かどうかは知りません。
オーストラリアはぜひ一度行ってみたいところです。その際にはぜひお会いしましょう。
| 管理人 | 2018/01/16 3:10 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/2086
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License