ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< ケトジェニック ダイエット | main | イースター2018 >>
ラトビアのTVにでます

イースター休暇を前にして、ラトビアのTV取材を受けた管理人である。

 

今年はラトビアの建国100年なので、その記念番組の一つで取材を受けたのであった。

テーマはパラレルワールド。

異国に住むラトビア人と異国からラトビアへ移住してきた人たちの生活をみる、という企画である。

 

以前、日本のTV取材を受けて、なんだかしっくりこなかったので、今回は断ろうかと思っていたのだが、まあ、ラトビア側だし、1日だけならいいかと、それから、ディレクターが管理人の大好きな番組の作成者だったということもあって、というか、それが一番のモチベーションで、引き受けたのであった。

 

食生活を中心に作る番組らしく、朝ごはんから晩御飯までの間、職場とか買い物とか、密着取材なのである。

朝7時から夜9時ぐらいまでの取材であった。

 

ラトビアのTVは、驚くほど明確なテーマを持っていて、その仕事っぷりはもう感心を通り越して、なんというか尊敬に値するものであった。いいアングルの絵を撮ろう、いい音を撮ろうと、常にアンテナを張り巡らせて、それが13時間も持続するのである。

確かに、ラトビアの若者はそういう働き方をするのである。

きっと、仕事が好きなんだと思う。

なんていうか、きっと、ちゃんとそれぞれの若者が好きな仕事につけているんだと思う。

もしくは、第一希望じゃなくても自分の能力や好奇心を満たせる職につけているんだと思う。

多分、彼らは自分の満足のために働いているんだと思う。

そういう働きっぷりなんですよ、奥さん。

 

そんな働き方を日本でできるのかしら、とちょっと思った。

 

 

 

【2018.03.24 Saturday 05:57】 author : 管理人
| ラトビアという国について | comments(9) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
13時間連続とは、撮られる方も撮る方も根性が要りますね!

ラトビアの若者が意欲に燃えて仕事をしているという事が、私も嬉しく思いました。イギリスでは住む場所によって環境がガラリと変わるので、場所によっては、例えばスーパーなどでは、店員同士がおしゃべりに興じてレジがおろそかになったり、店内に笑い声が響き渡ったり、閉店時間前にシャッターを下ろしたり、などという事が罷り通ります。

ラトビアのテレビ、見てみたいです。なかなか面白そうな番組ですし。見られないのは残念ですが、若者が意欲をもって働ける国があって、物が作られてゆく、という事の一例を知っただけでも嬉しいブログの記事でした。
| かまくら | 2018/03/24 6:18 AM |
是非観たいです! リガのラトビア人の友人に頼んで撮ってもらおうかと思いますが、誰かYouTubeに載せてくださるのを期待しています。&#128516; 日本食はお寿司だけじゃないことを(そもそもお寿司は日本の固有の食文化であることを) , 繊細な和食の味わいをラトビアのみなさまに知ってもらえるととても嬉しいです。
| mori | 2018/03/25 7:05 AM |
食生活中心ということは、管理人さんの食卓拝見!と
いうことかなあ、と勝手に想像しています。
お義母様にしっかり仕込まれた管理人さんはラトビアの方も
びっくり! ラトビアの方以上のすっかり同化した
食生活ではないかと思います。
どのような仕上がりになっているか見たいです。

朝から夕方までワイドショー、夜はバラエティー番組の
日本とは違った役割を果たしているであろうラトビアの
テレビです。じっくり座って観る番組がもっとあればと
思います。

真面目で意欲的なラトビアの若者が日本にやってきて
働くと、日本的な職場環境の息苦しさを感じて
本来の気質が発揮できないのではないかと、ちょっと
身近なぞんざいに心配な昨今です。
| murako | 2018/03/25 8:47 AM |
こんにちは、かまくらさん。
多分、インターネットで見れると思います。放送日以降にはリンクをおしらせできると思います。
ラトビアは小さな国なので誰もが思い通りの職につけるわけではないと思うのですが、とても適材適所になっているのが不思議です。おそらく、若者側が需要まで考えているんだと思います。それからきっと、無理をしないんでしょうね。

こんにちは、moriさん。
ラトビアのTVは通常アーカイブを公開するので見れると思いますよ。ただ、私は和食を普段作ってないのでラトビア食になってます(笑)。ラトビアの食材はラトビア料理が一番良いんだと思います。日本食は日本で食べるのが一番です(笑)

こんにちは、murakoさん。
もうがっつりラトビア食です(笑)。
普段通りの料理でということだったので、サービスで日本食を作るとかは全然してないです。
もう本当に素晴らしい働きっぷりのTVクルーだったので、番組のできは素晴らしいものだと思います。私自身もものすごく楽しみです。
| 管理人 | 2018/03/27 6:04 AM |
そこが管理人さんの偉いところだと思う。
”あなたはすごい”私には到底真似できない高みにいらっしゃる。この適応力の高さはどこから来るものなのだろう。

普通中年になってから移住する人はその出身の文化が違っても皆一様に自分の郷土食から離れられない…と聞いている。
当地の国勢調査でも毎回「家庭でな何語をしゃべりますか」という項目がある(ちなみにオーストラリアで英語の他に一番使われている言語は中国語、だそうな)

だから管理人さんのように大人になってから移住してもなお言葉は英語とラトビア語、食べ物はまるっきり地元食というケースは本当に素晴らしい溶け込みのモデルケース。

ちなみに我が家の今日の朝ごはんは自家製の干物と味噌汁とご飯、ははは。使用言語は日本語でありましたとさ。ははは。

番組是非拝見したいです。
| さんさん | 2018/03/27 9:50 AM |
ふと思ったのですが
ラトビア人の魂のたべもの
故郷を離れて何年かたった生粋のラトビア人(そんな人っているかなぁ)太いため息とともに
「ああ、もう一度アレ食いてぇ」って思い出すような食べ物ってなんでしょうか。

移住して40年経っても未だに朝飯にはご飯(イタリア産もしくはオーストラリア産)と味噌汁(味噌は日本のものだしを取る煮干しはマレーシア産)から足が洗えないこの老人がお尋ねいたしまする。

わずかなリガ滞在の印象ではパンは黒パンばっかでトーストしたりせずに一週間そのままもさもさ食べていた、それと肉料理の付け合わせに蕎麦の実の炊いたのが出てきてびっくりしたことが思い出されます。
| さんさん | 2018/03/28 9:02 AM |
こんにちは、さんさんさん。
時々、友人が送ってくれたインスタント味噌汁とかは食べてますよ(笑)。私の場合はやっぱりママとの生活で鍛えられた、というのが本当のところだと思います。ラトビア料理はがっつり習いましたから。ラトビア人のソウルフードはやっぱり黒パンなんじゃないですかね。ラトビアの黒パンは独特ですから。
オーストラリアで英語の次に使われている言語が中国語とは驚きました。さすが中国の人は世界に分散してますね。
| 管理人 | 2018/03/29 5:50 PM |
管理人さん、こんにちは。
仕事でパソコン少々を使うせいか、家では立ち上げもせず・・ご無沙汰していたら、盛り上がっていてくやしい〜〜??

テレビ、楽しみです。オリンピックもラトビアを応援してましたよ!

ダイエットで体調改善もすばらしいです。年齢にあったダイエット方法だったんでしょうね〜。

今週はお花見三昧してました〜。
| megmeg | 2018/04/01 11:51 AM |
こんにちは、megmeg殿。
テレビ、ネットのリンクがわかったらおしらせしますね。
関東地方は桜が満開のようですね。あの独特の湿気と暖かさと桜の花は、遠く離れていても何となくわかります。次回帰国するときは桜の季節にしようといつも思います。
お花見まだまだ楽しんでくださいね!
| 管理人 | 2018/04/03 3:54 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/2091
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License