ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 風邪をひいたら | main |
虫垂炎

お久しぶりの管理人である。

 

リガはすっかり一年中で一番良い季節を迎えているのであった。

そんな美しい季節の中、虫垂炎に見舞われた管理人である。

 

事の起こりは先週火曜日の夜、何やらお腹が張ったような感じだったのである。

翌日、腹部膨満感というか、腸の中にガスが溜まって痛い時と同じような痛みが出て、「ああ、ガスが溜まってしまったんだ」と思っていたのであった。ガスを散らす薬を飲んだらなんとなく痛みも引いて来たのでそのままにして、木曜日はちょっとお腹が痛いけど普通に過ごしたのであった。

そして、金曜日、朝からなんとなく気分が悪い。お腹も引き続き痛い。昼から2コマ授業があるが、どうしよう。まあ、座っていればやってやれないことはないから、と普通に授業をした。

この日はオペラに行く予定だったのだけれど、流石に辛そうだと判断し、チケットを売ったのであった。

トボトボと徒歩で帰宅中、一歩踏み出すごとに痛みがお腹の中に響くのに気づく。

やっとこの時点で「あれ?なんかヤバイ?」と気づく。

帰宅して症状をググると、うーん、虫垂炎っぽい。

痛みも右下に集中しているような気がして来た。

虫垂炎なら熱があるはずだ。

そういえばなんだか寒気もしてるし。というわけで体温を測ってみると38度だった。

ビンゴ。

 

結局、午後5時に病院到着、医師に見てもらって、超音波検査、X線、CT、血液検査、午後9時入院、午後11時手術、と相成った。

 

どうやら、壊疽性虫垂炎というやつで、破裂一歩手前だったそうな。

若くてハンサムな外科医は、腹腔内鏡手術で虫垂を摘出してくれた。

管理人は腹部の手術歴も放射線治療歴もあり、お腹の中は結構癒着しているはずで、開腹手術は致し方なし、と諦めていたので、大変嬉しいのであった。

 

さて、それから3日間、点滴三昧である。

朝1本、昼3本、夜3本。

術後2日間は絶食。3日目は重湯である。

ラトビアの重湯はオート麦の重湯である。

3日目にドレインチューブを外してもらった。

そして4日目、点滴を4本打って、めでたく退院である。

 

Home sweet home.

やっぱり家が一番である。

 

 

 

【2018.05.31 Thursday 17:27】 author : 管理人
| 健康 | comments(11) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
オヤマ、あれま
まぁまぁまぁ
なんということでしょう、管理人さん若返り
モーチョーってのは大抵子供の頃する病気、私の感覚では
はしかとどっちこっち。
こりゃきっと天上の神様(仏教徒の私が言うと轟と神罰が下る?)が管理人さんの若返りを企画されたのでは。
お顔や体型なんかスッキリなさっていません?「いやそれはデンプンダイエットのおかげっ!」

もっともはしかも大人になってかかると重症になるとか聞きます(私はどっちも小学校在学中に済ましました)から退院された後もしばらくはくれぐれもご自愛専一に。
改めてお見舞い申し上げます。
| さんさん | 2018/05/31 7:37 PM |
こんにちは、さんさんさん。
お見舞いありがとうございます。
私もこの歳になって虫垂炎にかかるとは思いもよりませんでした。ええ、若返っている兆候だと私も受け止めています。っていうかそういうことにしておきたいと思います。
神様の為せる技は流石に手が込んでいて、3日間の絶食ダイエット付きですから。体型もだいぶスッキリして来ました。ワインは当分お預けですが、こればっかりは仕方ありません。
養生したいと思います。
| 管理人 | 2018/06/01 5:56 PM |
破裂一歩手前で手術できて本当に良かったです。
開腹手術をしてお腹に空気が入ると、腸は癒着しやすくなるそうですね。その点腹腔内鏡手術で済ませる事ができるようになったのは医学の進歩です。どうかお大事に。
ちなみに私は慢性虫垂炎がありましたが、たまたま高校1年の夏休み痛くなって、取りました。手術の翌日トイレに歩いて行くように言われ、トイレで貧血を起こして意識なくなりました。
しばらくヘロ君のお散歩もだめなにかもしれませんが、筋肉を落とさないでくださいね。 
| murako | 2018/06/01 8:49 PM |
こんにちは、murakoさん。
murakoさんも虫垂炎済みなんですね。手術翌日の歩いてトイレは辛いですね。特にお腹の手術は辛いです。貧血で気を失ってしまうのもわかる気がします。開腹ならなおさらです。
ええ、へろの散歩は当分できません。でも歩かないと本当に筋肉が無くなってしまうので、頑張って歩きたいと思います。
| 管理人 | 2018/06/02 7:48 PM |
まぁ、学年末でシラバスの残りも少ない時期でよかったですね。学年末試験はこれからですか?
ウチの大学では、試験期間が終わり、卒論の採点、試験の採点(いくつかは、死体検案書とも言えます)が佳境で、再来週には卒業判定会議です。
| 現役lecturer | 2018/06/03 12:37 AM |
こんにちは、現役lecturerさん。
ええ、全くその通りです。学期始めとかだと病気してられないですよね。こちらはまだ学期末試験も残っています。ちゃんと学年末試験をこなしてくれれば夏至前に片付く予定ですが、誰か落ちると追試が待ってます。まあ、私の教えているのは1年生ですから深刻さはないですが。卒業判定となると大変そうですね。
| 管理人 | 2018/06/03 3:38 AM |
管理人さんおはようございます

お加減はいかがでしょうか
そろそろ退院して1週間ベッドの暮らしにも飽きてきた頃と
お見舞いいたします
何事もなくそろそろワインも解禁、なんて噂もだとよろしいのですが。

それにしても虫垂炎まで腹腔鏡手術、時代は変わるものではありますがしかし大したものですなぁ。
でも麻酔は未だに腰椎ブロック麻酔、でしたっけ?前かがみにさせといて背骨のどこかから針を刺すあれでしょ?痛くはなかった記憶があります
変わるものがあれば変わらぬものも、それが人の世というものでありましょうか。
| さんさん | 2018/06/05 8:13 AM |
本当に破裂寸前で気付けて何よりです。大人になるとつい、自分の身体より他の事を優先してしまいがちですし。 弟は2年前にヘルニアで危ない所で、その後数カ月の入院が必要になってしまったことを思い出しました。

お腹を切らずに済んだのも何よりですね。そんな選択をしてくれるお医者様が揃っているなんて羨ましいです。

今が一番美しい季節だと思います。今年はゆっくりと、養生しながらお過ごしください。
| かまくら | 2018/06/05 5:48 PM |
虫垂炎!?大丈夫ですか?
いたって冷静に症状を分析したようですが、結構な痛みがあったかと思うのですが&#8226;&#8226;&#8226;
しかも、その日のうちに手術なんて、すごいドタバタでしたね。。。
でも、破裂という大惨劇にならなくて良かったですが、術後は体力改善するまで無理しないでくださいね。
| Kayo | 2018/06/06 1:44 AM |
こんにちは、さんさんさん。
ええ、もうだいぶ良くなって来ました。でもまだ抗生物質を飲んでいるので禁酒中です。それまで毎晩ワイン晩酌してたので、禁酒は禁酒でなんかこう新しい世界が開けた感じです。
麻酔は手術中全身麻酔で、そのあとは術後に点滴の痛み止めぐらいでした。腰椎ブロックは日本で開腹手術をした時にやった覚えがあります。腹腔内鏡手術だとしないのかもしれませんね。
そうそう、手術室に連れられて行った時、看護婦さんが「ええと、ミキ、ええっと、フジヤマを連れて来ました」と報告してるのを聞いてしまいました。笑ってお腹痛かったですよ。

こんにちは、かまくらさん。
どうやら私、ちょっと痛みに鈍感らしくて、「うおー」っていうような痛みではなかったんです。それで大したことないかと思ってました。お腹の痛みは早めに病院に行かないとダメですね。傷病休暇も延長してもらってトータル二週間貰えたのでゆっくり養生したいと思います。掃除もせずにYouTubeばっかり見てます(笑)

こんにちは、Kayoさん。
ええ、急展開でした。実はCTで虫垂が腫れてるっぽい、というのはわかったのですが、薬で散らせる(抗生物質で治る)というのが最初の診断で、ま、念のために入院して点滴で抗生物質を3日間ほど入れましょう。とかいうことになってそのまま入院したんですが、夜に医者が診に来て反跳痛(お腹を圧迫して急に手を離すと痛む症状)がでてるので、かなりヤバイということで緊急手術となりました。
| 管理人 | 2018/06/06 4:18 PM |
管理人さん、大変でしたね!
痛みに鈍感な人はいないですよ!処置がはやくできて何よりでした。お大事に〜。

こちらは梅雨入りした模様です。


| megmeg | 2018/06/07 11:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/2095
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License