ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< すでに秋 | main |
クリスマス休暇2018

ご無沙汰しております。管理人です。

 

今学期は何ともはや授業に終われる学期で、全ての授業を終わって、なだれ込むようにクリスマス休暇に突入したのであった。

毎休暇ごとに設定している旅行は、日々の勤労に励みを与えてくれるので必ず設定している。

今年のクリスマス休暇はブダペストであった。

以前にプラハへクリスマス時期に行って、それはとても楽しい思いをしたので、なんとなく似た感じのブダペストなんていいんじゃないかというのが発想である。さらに、ブダペストには温泉があるらしいので、それもモチベーションの一部であった。

さて、ブダペスト。うーん、インペリアルな雰囲気が素晴らしい、美しい街なのだけれど、食事も美味しいし、芸術の街でもあるので楽しかったのだけれど、スパもとても楽しめたのだけれど。

物価が思ったよりお高いのと、そこかしこでお釣りをごまかしたり、観光客用のお土産屋で普通の2倍とかの値段をつけていたりするので、なんとも、いい気分の街ではなかった。残念。

結局、お土産で買って帰ってきたのは、パリンカというお酒ぐらいで、あとは何も買わなかった。

 

さて、我が家のクリスマス休暇はこれからが本格化するのである。

旅行を楽しんだあと、家中を掃除して、これでもかという量のご馳走を作って、教会に行って、ご馳走を食べるのである。

今年のメニューもいつもと同じ。

毎年同じことを繰り返せるのが幸せということで。

【2018.12.22 Saturday 05:23】 author : 管理人
| 渡航 | comments(7) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
私も、授業を終え、課題の採点を放り投げて、スイスで山籠り中です。今回のイースターは4月中旬の為、2学期目の開始が1月下旬という状況で、年明けに課題の採点をする余裕がありまして...

中世欧州の中心地のブダペストですが、私も良い印象はありません。確かに食事は良いのですが。来年はどちらですか? オーストリア・ハンガリー帝国のウィーン、イタリアの芸術の街フィレンッエあたりですか??
| 現役lecturer | 2018/12/22 3:34 PM |
こんにちは、現役lecturerさん。
クリスマス休暇突入、おめでとうございます!全身の力が抜けきるには3日ぐらいかかりますよね。スイスで山籠もりとは、スキーですか?いいですねえ。

いやはや、今回暖かい所に行くかクリスマス気分全開で寒い所へ行くか迷ったのですが、次回クリスマス休暇は暖かいところへ行こうと思います。年明けにはベルリンの冬のバーゲンに参戦する予定です。これからイースター休暇の目的地を考えようと思います。この考えてる時がまた楽しいですよね。
| 管理人 | 2018/12/23 3:09 AM |
管理人さん、こんにちは。
充実した緊張感ある日々を休暇で開放する、
最高の気分でしょうね。
観光地のぼったくりでその国の印象が悪くなると
いうのは残念なことです。日本も海外からの旅行者が
増加していますが、そのようなことがないように、
祈るばかりです。

お母さまから受け継いだメニューが今年もクリスマスの
食卓を飾るのですね。今年はだれも来ないクリスマスの
我が家は、3人がそろう日が昨日しかなく、早々定番の鳥を
食べてしまいました。日本的クリスマスです。
| murako | 2018/12/23 7:34 PM |
旅行は終わって、リガでのクリスマスに突入するんですね!

毎年、料理の素晴らしい記事を読んでは感心している気がします。私も今晩から少しずつ作り始めます(結構日本風の簡単なものばかりですが)。

ブダペスト、私は良い印象しかなくてもう一度行きたい場所の中で断トツ優先順位の高い場所です。良い人も沢山いるはずですし、そういう人達に出会えなかったのは本当に残念ですね。私は逆にプラハで管理人さんと似たような目に遭ったので
プラハはもういいかな・・・と思っていたところです。旅行は色々ですね。

年末年始、ベルリンも合わせて心も身体も楽しい時間をお過ごしください。
| かまくら | 2018/12/24 12:33 AM |
こんにちは、murakoさん。
ええ、今年もママのメニューでクリスマスです。今日、鯉の詰め物を作って、明日(24日)に25日用の肉のゼリー寄せとうさぎの煮込みを作ります。夫婦二人と犬一匹のクリスマスなのに作りすぎですよね(笑)。
今年も暖冬で、気温は0度前後に戻ってきました。とりあえず、数センチ雪が積もっているので、クリスマスとしては上出来だと思います。

こんにちは、かまくらさん。
本当に旅行は色々ですよね。タイミングとか運とかありますし。
ブダペストも大半は楽しく過ごせました。特に温泉は良かったです。本当に久しぶりに露天風呂を楽しみました。
いやー、でも結構色々お高かったですよ。ブダの教会やユダヤ人地区のシナゴーグとか入場料12ユーロとか。びっくりしました。
このクリスマスと年末にかけては料理ざんまいです。でも、手の込んだと言えるのは鯉の詰め物ぐらいで、あとはオーブンに入れ流だけとかそんなものです。こちらに来たばかりの頃は、一体どうしてこんなに肉が必要なんだろうと思ったものですが、今はもう、これが普通と思える自分が怖いです(笑)
| 管理人 | 2018/12/24 4:57 AM |
管理人さん、メリークリスマス!
今の我が家は旦那がメインで家事をしていますが、そのおかげで?昨日鳥のもも焼を食べました。何十年ぶり??日本のクリスマスはいまだにそんな感じですよ〜。フライドチキンか鳥焼か。

フルタイムの仕事に復帰して1年過ぎて、いろいろ改良できたかな〜と思っていたら同僚が退職、ほぼ経験のない21歳の同僚が来月からやってきます。不安しかない年越しになってしまいました。


| megmeg | 2018/12/25 10:39 AM |
ああ、やっときわどいところで間に合った!!気がつかなくてあわてました。

こちらはもう25日の夕方ですがそちらではまだ24日の夕方、ディナー真っ盛り、だと思いますが昔から計算の苦手な男もしトンチンカンだったらごめんなさい。

しかし当地には”クリスマスを南半球では7月に祝うべきだと信じる連盟”って恐ろしく長い会がありましてがっちり理論武装して下手にいちゃもんつけるとケチョケチョにやり込められるんだとか。7月24日のディナーにタキシードに身を固めてプディングなど召し上がられるそう。遊び心満載ですなぁ。
イギリス人てのは野菜でも肉でもデザートでもオーブンがあったでしょうのに何でも茹でるのが好きな人たちですね。

そういえばラトビアのクリスマス料理にPIRADZINI(これ’やらなにやらが文字の上に着きますが省略)ってのがございますか?どんな食物でしょう?
| さんさん | 2018/12/25 5:00 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/2100
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License