ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 初聖体 | main | 届出@日本大使館 >>
ばたばた
初聖体後、神父様が
男「あと数日で奥さんになるんだねぇ」
と言われて初めて結婚式が間近に迫っていることに気づく。
確かに旦那の手帳はスケジュールでびっしり。
管理人はというと、マネージャーに管理されている芸能人のごとくあちこち連れて行かれては何かをこなす。
旦那はちょっとげっそりしている。ニョロ

ちなみに、初聖体のパンは白ワインに半分浸されていた。
【2005.06.20 Monday 14:16】 author : 管理人
| 結婚式 | comments(2) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
こんにちは。着々と結婚式の準備が進んでますね。ところで、”初聖体"って、なあに?”初”が付かない、ただの”聖体”もあるの?一体何をするの?無知なもので、教えて下さいませ。
| いも | 2005/06/21 12:32 PM |
キリスト最後の晩餐でパンをキリストの肉、ワインをキリストの血として弟子たちに分け与えたことから、現在でもミサのときに聖体拝領といって小さなパンをいただきます。これをはじめていただくのが初聖体でキリスト教のコミュニオンに入ることになります。
| 管理人 | 2005/06/22 2:19 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/235
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License