ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< どんどん寒くなる | main | FAXその2 >>
FAX
デンマークの銀行にFAXを送らなければならなくなった。便箋

が、我が家にはFAXがない。

FAX用の専用回線をひくなら別だが、電話と同一回線だとママを混乱させるだけだから、というのが理由だ。

しかし、FAXというものは結構前時代的なものなので、必要性を感じることはなかったわけだ。
今や誰でもデジカメをもっている。カメラ
デジカメで書類の写真をとってメールに添付すればOKだ。
ま、もしくはスキャナーか。

ところが、デンマークといえども銀行はそうは行かない。
どうしてもFAXだという。ノーノー

WindowsXPには標準でFAXコンソールがついているし、ノートパソコンならモデムが入っていないはずはない。
パソコンを電話回線につないでFAXを送るというのも考えたのだが、何しろ相手は銀行である。

無難にFAXを探すことにした。

旦那のオフィスには国際電話のかけられるFAXはないと言う。
きっと、ホテルラトビアとかの大き目のホテルに行けばビジネスセンターぐらいあるのだろうが、たかだかFAXのためにマイナス12℃という寒さの中、トロリーバスに乗って出かけていくのも考え物だ。
もっと近場にないものか。。。
ネットで探したがみつからない。

ニョロ「郵便局にあるよ。。。。たぶん」

ということで、旦那が電話して確認したところ、フランス大使館の近くの郵便局にFAXサービスがあるということが判明した。

結局トロリーバスに乗ってFAXを出しに行く羽目になったわけだ。

そして、FAXは無事に送れたものの、料金は結構高かった。

ああ、FAXひとつでこんなに苦労するとは。。。とほほである。ノーノー

【2005.12.29 Thursday 05:11】 author : 管理人
| 為替 | comments(0) | trackbacks(1) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/391
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2005/12/29 12:29 PM |


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License