ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< FAX | main | 年の瀬 >>
FAXその2
デンマークの銀行からメールが来た。

メールピンク「FAX届いていません」

ぶー「そ、そんなぁ。あんなに苦労して昨日送ったのに」

しかも、5ラット(1000円ぐらい)も支払っているというのに。。
郵便局のお姉ちゃんにもFAXの送信記録を見せてもらってOKだったのに。。。

しかし、泣き言を言っている場合ではない。
FAXを再び送らなければ。。。

実はデンマークの銀行にフィンランドの銀行(ラトビア支店)へ送金依頼を出したのだが、デンマークの銀行は日本名の口座でフィンランドの銀行はラトビア名の口座になっている為、送金できないという謎の事態が起こってしまっていたのだった。
そこで、
「名前は違ってるけど両方とも管理人の口座です」
という証明のためにパスポートのコピーをFAXしなければならなくなっていたのだった。

しかし、昨日と同じことをしてもきっとFAXは届かないであろう。

モゴモゴ「いたしかたあるまい。コンピューターから送ろう」

コンピューターから送る際の問題は
1、今まで一度もやったことがない。
2、スキャナーがないのでデジカメでうまく写真を撮らねば。
3、ケーブルがあるかどうかわからん。

クリティカルなのは3番だけで、後はやれば何とかなる。なければスーパーに走ってケーブルを買えばいい。

と覚悟を決めて作業を行った。

デジカメで撮ったパスポートの画像をphotoshopでグレイスケール化し、コントラストと明るさをいじってからFAXコンソールで書類を作成。これで準備はOK。後はケーブルだ。
我が家の電話は壁に取り付けてある。
よく見ると電話機側のケーブルはそのままコンピューターに刺せる状態になっている。ただ、ケーブルの長さが10cmぐらいしかない。
それでもやるしかない。
コンピューターを抱えて、廊下の壁に張り付いて
PC「ピー、ヒャラーーーー」
とFAXを送り始めた。

ピピピ「なに?」

ママが怪しむのも無理はない。

しばらくしてデンマークから電話が来た。
無事にFAXは送ることが出来たようだ。ふぅ〜ん
【2005.12.30 Friday 04:11】 author : 管理人
| 為替 | comments(0) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/392
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License