ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 太陽は全て知っている | main | Shrek3 >>
トマト咲く
ラトビアでは短く美しい夏を満喫するために、たとえ猫の額ほどのバルコニーであろうと、何やら植物を植えたりする。

管理人宅では、誰でも簡単に育てられることで有名な「ミニトマト」の種を蒔いた。

さすが、誰でも簡単に育てられることで有名なだけあって、めでたく花が咲いた。
バルコニーの天井近くから、支柱用のロープも固定したし、脇芽も午前中に摘んだ。
やっぱり、最終産物が食べ物となると、力の入れようが違う。

パンジーやらマリーゴールドやらの種も蒔いたのだが、こちらは蒔いた時期が遅かったらしく、今のところ花が咲く気配は微塵もない。

ちなみに、我が家にはリンゴ、さくらんぼ、レモン、アボガドの木が生えている。
これらは食べた後の種から発芽させたものである。
花が咲く日は遠い。
【2007.06.12 Tuesday 22:52】 author : 管理人
| 植物 | comments(2) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
ミニトマトってそんなに簡単に育てられるんですね。
私は知らないことが多くて、管理人さんのブログで知る情報が楽しみです。毎日色々と楽しんでいらっしゃる様子。
短く美しい夏をこれからも楽しんでくださいね。
| Kazumi | 2007/06/13 5:03 PM |
こんにちはKazumiさん。
ミニトマトは簡単らしいですよ。私も初挑戦です。
種から植物を育てると、とても楽しいです。
これも夏の間だけの楽しみですが。。。
| 管理人 | 2007/06/13 5:47 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/772
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License