ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< パイプ、詰まる | main | オーシャンズ13 >>
霧吹き
我が家には食べた後の果物の種から発芽させた木々がいる。

現在、最も調子がいいのがアボガドである。

だが、それ以外の植物達は最初のうち絶好調で伸びていくのだが、しばらくするとダニーこと、葉ダニが出て、みるみる弱っていく。

最初の被害者はリンゴであった。
次にライチー、レモン、さくらんぼ、とダニー被害はどんどん拡大していった。

モゴモゴ「ダニー退治用の殺虫剤を買わなければ。。。」

と思いつつも部屋の中で殺虫剤付きの植物は飼いたくない。

そうこうしている内に、ライチーがダウン。
リンゴもダウン。

仕方なく手でつぶしてみたりしたのだが、ダニーはどんどん増えていく。
仕舞いには、一日ダニーつぶしをサボると次の日には目に見えて増えているという状態になった。

何か弱点はないものかと、真剣にネットで情報を集めてみると、ダニーは水に弱い、という事が浮かび上がってきた。

そこで毎日欠かさず、水を霧吹きしてみた。

すると、すばらしいことにダニーはすっかり居なくなった。

満足しつつも、独り反省会ふぅ〜んを開いてみた。

最初のダニー戦では、これらの木々を室内の窓際で飼っていたということ自体が敗因だと思われる。
ダニーは窓から風に乗って入って来たにちがいない。
窓際は暖かく、水やり時には木の根元に水をやっていたために、ダニーの好きな葉のところは常に乾燥状態にあったわけだ。
屋外に生えている木では、雨が降ったり、夜露朝露に濡れたりと葉に水分がかかって自然とダニーが付きにくくなっているのだろう。

それからというもの、ベランダの植物の葉にも水をかけることにしたのだった。
【2007.06.21 Thursday 15:59】 author : 管理人
| 植物 | comments(6) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
ほ〜う!そうなんですか。
うちの植物にも葉に水をあげてみよう。
管理人さん今日もありがとうございます。
| Kazumi | 2007/06/21 10:33 PM |
アブラムシは土に住んでるからオルトランという殺虫剤を土に撒いて水遣りをすれば退治でき、さらに牛乳を薄めた液を霧吹きでかけるといいらしいけど、ダニはどうなんだろ?(^_^;)
| ゆきゆき | 2007/06/21 11:27 PM |
今日は夏至。ラトビアも夏至の日は 北欧の国々のように お祭りですか?梅雨はどこへという日が続いたこちらは 久々に雨模様。紫陽花もすこし元気になったようです。
| murako | 2007/06/22 2:57 PM |
こんにちはKazumiさん。
ええ、思いのほか効果がありましたよ。
水で済めばこんな楽なことはないです。
| 管理人 | 2007/06/22 4:35 PM |
ゆきゆき殿

オルトランね。昔の職場で使ってたよ。
あれは便利だよね。置くだけだから。
| 管理人 | 2007/06/22 4:40 PM |
こんにちはmurakoさん。
はい、お祭りです。この土日が夏至祭です。
郊外へ行って、焚き火を囲んで歌って踊って朝までビールとバーベキューで飲み食いする、というのが正しい過ごし方のようです。
スーパーもものすごい量のビールが山積みされてます。
年間で最も酔っ払い運転が多い、危険日でもあります。
| 管理人 | 2007/06/22 4:47 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/782
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License