ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< ぴんち | main | Party! Amex >>
交換レート
海外へ行く時、現地通貨をどう工面するかということは結構大きな問題だったりする。

特にここラトビアのように「ラッツ」などという、ラトビアのみでしか使えない通貨の場合は、尚更である。

日本で換金と言うわけにはいかない。
どこの銀行でも扱っていないだろう。

そうすると、現地調達になるわけだが、もっとも簡単なのが国際キャッシュカードを使用することである。

PULSマークのついたキャッシュディスペンサーで現地通貨をひきだすことの出来る銀行系キャッシュカードは多い。
また、VISAなどのクレジットカードでも現地でキャッシング出来ることになっている。

だが、このカードのレートは意外に高い。
ちなみに、昨日の時点で、ラトビアの銀行でのレートは
日本円で10万円が418LVLである。
ところが、キャッシュディスペンサーで引き出した場合、
日本円で10万円が404LVLである。

その差はざっと3400円ぐらいである。

クレジットカードやキャッシュカードの場合、レートがどのくらいなのかが明示されていない場合が多い。
「当行規定のレートに4%上乗せ」とかそんなのである。

なんとか通貨交換時の損失を防ごうとしたら、日本円を持って出かけて、現地の銀行で交換するのが良いだろう。

だが、それもまたリスクがある。
第一、日本から現金を持ち歩くことになるし、
いちいち銀行に行くのも面倒くさい。
だいたい、余った時にまた交換しなくてはならない。

結局カードの方がよさそうだということになる。

さて、ラトビアラットはユーロに固定されているので、ユーロ高になっていけばラトビアラットも高くなっていく。

一般にどのぐらいのレートなのかはParex bankaのレートサイトを参考にされたい。
これよりちょっと不利なレートがクレジットカードやキャッシュカードのレートだと思えば間違いない。

ちなみに、リガの街中にある交換所はレートがもっと不利である。
【2007.11.08 Thursday 18:56】 author : 管理人
| 為替 | comments(8) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
ユーロ高に原油高...12月にヨーロッパ行きますが、何も買えません。
食べるのが精一杯だと思われます。
ラッツも高騰ですか〜日本に一時帰国の時にはもっと高くなっているといいですね^^;
| ちび子 | 2007/11/10 12:44 AM |
こんばんは
貨幣の問題はつき物ですね。おっしゃるとおり変えるだけでもロスが生じます。そしてこのユーロ高。1ユーロ=200円までは止まらないんじゃあないか?と在ルーマニア日本人の方2名ほどが言ってました。考えただけでも恐ろしい。もちろんルーマニアはまだまだ、レイという自国通貨単位を使っていますが、家賃や公共料金などはユーロ建てなんですよ。ユーロが上がれば家賃も自動的に上がるってわけです。打撃です。そしてこっちはトラベラーズチェックの換金はある限られた銀行のみでcomission15%とります。もちろん日本円を両替できるところなど存在しませんのでどんどんロスしていくのです。長くなりましたがユーロ高どこまで続くのでしょうか?ラトビアも物価高ですよね。大変ですねお互いに。それでは失礼します。
| Seiki | 2007/11/10 2:33 AM |
こんにちは、ちび子様。
ええ、全くユーロ高、原油高には参りますね。
日本円に換算すると、「ええ!?」ってな感じですよね。
日本が割安な国に見えてきます。
対アメリカドルでは円高が進んできてますから、今はアメリカへ旅行にいったり、アメリカ製品を買うのが一番お得感が高くなりますね。

こんにちは、Seikiさん。
ユーロ200円はキビシーですね。全く考えただけでも恐ろしいです。ラトビアも一部家賃や、不動産、車といった高額なものはユーロで決済されています。どうせなら早くユーロ導入して欲しいですが、このインフレ率の高さではいつになることやら。。。
| 管理人 | 2007/11/10 6:05 AM |
こんにちは。
カードで現金を下ろすと手数料が結構かかるのでは?と現金派のPrickenは躊躇します。ラトビアでは空港の換金所が良心的な交換率(手数料も不要)ですが、私はいつももっと率が良い自分ちの近くで交換していきます。
ユーロになると一般的になにもかもが端数切り上げになって物価高が進んでいくようです。たとえばラッツはもともと「大きな単位」だから結構細かく小数点以下の価格が生きているのに、ユーロになると1ユーロ以下は全部50セントに統一されちゃうとか<現金取引の場合


| Pricken | 2007/11/10 2:49 PM |
こんにちは、priさま。
カードで他国通貨を現金で引き出すと、手数料はとられないのですが、不利なレートで交換されます。ので、額が大きくなれば大きくなるほど損をすることになります。銀行との差が大体10万円で3千円ぐらいの感じです。
ラトビアはインフレがガンガン進んでいるので、既にLVLの端数も切り上げっぽい感じになってきてますね。パンとか、1年で倍ぐらいになってます。キビシー感じです。orz
| 管理人 | 2007/11/10 4:24 PM |
この3月にハズミでラトビアへ行くことになり、イロイロ調べていたらコチラにたどり着きました。

まずはタクシー関係の記事へ。
そかー、ラトビアのタクシー、評判悪いんですね。
気をつけねば。
できればバスで済ませたいところですが、荷物が多いので仕方ないかな。
駅前で拾えるなら駅までバスでってのもアリかと思いますが、どうなんでしょう?

通貨も…問題になるのですね…
てっきりユーロだと思っていたら、らっつ…?

ユーロと連動しているなら、ユーロの現金を交換するのが一番ロスが少ないのでしょうか。

なんだか役に立ちそうな情報がイロイロ詰まっているので、
ちょくちょく記事を読みに来ようと思っています!
| kame | 2010/01/06 12:23 AM |
こんにちは、kameさん。
タクシーですが、Balticタクシーという黄緑色のタクシーは明瞭会計ですよ。3月だとまだまだ全然寒いですから、着るものはしっかり用意した方がいいですよ。街中の両替商の換算レートはかなりひどいですから、ATMで海外キャッシングしたほうがまだマシだったりします。
| 管理人 | 2010/01/06 5:17 AM |
黄緑のタクシー!
重要な情報有難うございました。

両替は、まずは空港で、
さしあたり必要な分をユーロの現金から、
あとは必要に応じて街中でキャッシングですかねー。

寒いのは覚悟しています。
内側に毛の生えた靴、トカあった方がよさそうですね。
やはり北ヨーロッパには夏に行きたいモノです…
| kame | 2010/01/06 10:47 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/897
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License