ラトビア移住12年目。
 
Google
 
男女格差について

夏休みの残りが、あと2週間ちょっとになって、そろそろ社会復帰を念頭に入れておかなければ、と思い始めた管理人である。

 

さて、今日は例の医学部で女子受験生が一律減点されてた話に触れたいと思う。

なんと衝撃的で、かつ、「やっぱりね」感が溢れるニュース、というのが管理人の第一印象である。

なんでまた女子学生が嫌われていたのかなと思いきや、医者になった後に出産や育児で働けなくなる人が多いから、ということのようである。なんていうか、差別の理由を知って、正直笑ってしまった。

つまり、医師の労働状況が男女を問わず劣悪で有名なのにも関わらず、大学関係者はその劣悪環境を持続させるために女子学生を削ったということなのである。正当な理由で休む女性医師の数を減らして、無言で働き続けざるを得ない男性医師の数を増やそうとした、というのが理由なのである。一見、女子差別に見えるこの思考方法は、結局男性医師に過酷な労働を強いて現状を維持しようという思考なのである。

これが、先進国の大学の考え方なのである。

情けないとか思う前に管理人の頭をよぎったのは、Tomのパラダイム理論であった。

これは、一つのパラダイム(時代)が終わるのはそのパラダイムの思想を持っていた人たちが死滅する時である、という話で、まさにこれである。現状を維持しなくては、という恣意に取り憑かれた人たちがいる限りこれは続くのである。

管理人の思う解決策は、単純に、差別のない入学試験である。

それだけで、何を変えることもなく、自然に女性医師が増え、女性医師が増えれば、働き方自体を女性が変えて行くことになる。

まさにこれこそが男性にも女性にも働きやすい環境を作って行くのだと思う。

男性だろうと女性だろうと、誰も長時間労働や休暇の取れない働き方は望まない。

誰も望まない労働環境が現状なら、それを守って行くことは誰のためなのか。

会社や組織の利益のためでしかないのである。

でも考えてほしい、無理な働き方を望む組織は経営陣が無能だということだ。

 

管理人の務める大学の医学部や歯学部では、女子学生の方が多い。

誰もが女子学生の方が一般的に学力が高いことを知っている。

女性医師も出産や子育てで休みが保障されているから普通に働き続けている。

大学には学生でも職員でも教員でも誰もが利用できるキッズルームがある。

誰も出産を恐れない。

日本もそんな国になってほしい。

 

【2018.08.13 Monday 23:02】 author : 管理人
| 雑感 | comments(11) | trackbacks(0) |
歌と踊りの祭典

虫垂炎の手術から立ち直った管理人である。

 

さて、今年はラトビア独立100年で、さらにかの有名な歌と踊りの祭典の年でもある。

否が応でも盛り上がるラトビアである。

 

この一週間、街は民族衣装の人々で溢れていて、今日がクライマックスである。

 

実は今、テレビ中継の歌と踊りの祭典を見て居るのだが、感動が薄れないうちにブログに書いておこうと言うわけである。

 

この、祭典の最終日は夜8時から夜中の1時ぐらいまで続く合唱がクライマックスである。

2万人にも及ぶシンガーが一堂に介して歌うのである。

それは素晴らしいものである。

その素晴らしさは、単なる合唱と言うものではなく、それぞれの歌が、祈りのようなもので、一人一人の感情移入が一つの塊になってぶつかってくるようなものなのである。そして、その合唱をまとめるのが指揮者なわけであるが、シンガーの絶対的な信頼を一身に受け、それはもう、本当に2万人のシンガーを見事に一つにまとめ上げる。

テレビで見て居るだけで、何だろう、心臓を鷲掴みにされたような、ざわざわとした感覚に陥る。

歌う人たちは歌うことを誇りに思い、聴く人たちも彼らを誇りに思う。

 

何だろう、どうしてこんなに心が揺さぶられるのだろう?

歌も音楽も素晴らしい。でもそれだけじゃない。

肝は、民族の誇りなのだと思う。

皆が共有する誇りなのだと思う。

 

数年前、祭典のリハーサルのチケットが取れて、見に行ったことがある。

席はステージから遠く離れたところで、1万人のコーラスがたった一人の歌のように聞こえたのを覚えて居る。

シンクロが素晴らしすぎてもはや合唱に聞こえないレベルだったのである。

きっと、近くで聞けていれば感動もひとしおだったのだろう。

だが、帰り道のトラムの中はもっと素晴らしかった。

誰ともなく歌い出し、トラム中の人が合唱するのである。

歌いながら走るトラム。

誰もかれもが笑顔で歌う。

 

そんなことを思い出しながらTV中継を見て、何だか感動で涙してしまう管理人であった。

【2018.07.09 Monday 05:38】 author : 管理人
| ラトビアという国について | comments(8) | trackbacks(0) |
 幸せ

夏になったラトビアである。

今年はラトビア独立100年で、さらに歌と踊りの祭典の年なので、何が何でも盛り上がるラトビアである。

 

街には民族衣装の人々が溢れ、それはもう楽しそうで喜びに溢れているのである。

歌と踊りの祭典に参加するわけでもない一般の人達も、各地方から集まってきた参加者たちを、それはもう最大の歓迎と尊敬の念を持って迎えている。そして、誰もが幸せな気持ちになるのである。

 

自分が歌うわけでも、踊るわけでもない。

それでも歌う人達、踊る人たちを誇りに思う。

 

聞いているだけで、見ているだけで幸せな気持ちになる。

それは自分たちの歌だから。

それは自分たちの踊りだから。

 

歌わなくても共に昇華できる。

踊らなくても心が躍動できる。

 

美しく健康な若者が踊る。

知恵と経験を集めた老練たちが歌う。

誰もがこの国の明るい未来を確認する。

 

外国人の管理人でさえ幸せな気持ちになる。

 

 

【2018.07.04 Wednesday 04:09】 author : 管理人
| 雑感 | comments(5) | trackbacks(0) |
虫垂炎

お久しぶりの管理人である。

 

リガはすっかり一年中で一番良い季節を迎えているのであった。

そんな美しい季節の中、虫垂炎に見舞われた管理人である。

 

事の起こりは先週火曜日の夜、何やらお腹が張ったような感じだったのである。

翌日、腹部膨満感というか、腸の中にガスが溜まって痛い時と同じような痛みが出て、「ああ、ガスが溜まってしまったんだ」と思っていたのであった。ガスを散らす薬を飲んだらなんとなく痛みも引いて来たのでそのままにして、木曜日はちょっとお腹が痛いけど普通に過ごしたのであった。

そして、金曜日、朝からなんとなく気分が悪い。お腹も引き続き痛い。昼から2コマ授業があるが、どうしよう。まあ、座っていればやってやれないことはないから、と普通に授業をした。

この日はオペラに行く予定だったのだけれど、流石に辛そうだと判断し、チケットを売ったのであった。

トボトボと徒歩で帰宅中、一歩踏み出すごとに痛みがお腹の中に響くのに気づく。

やっとこの時点で「あれ?なんかヤバイ?」と気づく。

帰宅して症状をググると、うーん、虫垂炎っぽい。

痛みも右下に集中しているような気がして来た。

虫垂炎なら熱があるはずだ。

そういえばなんだか寒気もしてるし。というわけで体温を測ってみると38度だった。

ビンゴ。

 

結局、午後5時に病院到着、医師に見てもらって、超音波検査、X線、CT、血液検査、午後9時入院、午後11時手術、と相成った。

 

どうやら、壊疽性虫垂炎というやつで、破裂一歩手前だったそうな。

若くてハンサムな外科医は、腹腔内鏡手術で虫垂を摘出してくれた。

管理人は腹部の手術歴も放射線治療歴もあり、お腹の中は結構癒着しているはずで、開腹手術は致し方なし、と諦めていたので、大変嬉しいのであった。

 

さて、それから3日間、点滴三昧である。

朝1本、昼3本、夜3本。

術後2日間は絶食。3日目は重湯である。

ラトビアの重湯はオート麦の重湯である。

3日目にドレインチューブを外してもらった。

そして4日目、点滴を4本打って、めでたく退院である。

 

Home sweet home.

やっぱり家が一番である。

 

 

 

【2018.05.31 Thursday 17:27】 author : 管理人
| 健康 | comments(12) | trackbacks(0) |
風邪をひいたら

すっかり春めいて来たリガである。

 

北国の春なので、毎日毎日何かしらの変化が見える急激な春の到来である。

犬の散歩に行っては咲いたばかりの道草の花の写真を撮り、気温が10度になったと喜んでベランダで発泡ワインなどを飲んでいたら、すっかり風邪をひいてしまったのであった。

 

さて、今回の風邪はインフルエンザではないものの、38度強ぐらいまで熱が出て、無限に出る鼻水、喉の痛み、咳、という症状であった。風邪というのは大抵何らかのウイルスの感染によるものなので解熱剤の使用とか鼻水を止めるスプレーとか対症療法が普通である。

 

ラトビアでは普通、大人は風邪ごときでは医者には行かない。

管理人の知る限り、ラトビア人はあまり薬は好きでないようである。

そして、風邪をひいたらすぐ休む。

風邪をひいたら休むのが当たり前なので、職場で誰も文句をいう人はいない。

私が行かなければ皆に迷惑をかけてしまう、などという事態にはならない。

 

いつだったか、大学の給料の振込の一部が大幅に遅れたことがあった。

一部、というのは給料が「講師としての固定料」、「講師としての歩合給」、「研究者としての給料」などなど、というように細切れになっていてそれぞれ別々に振り込まれて来るので、固定給は振り込まれたが、歩合給が振り込まれてないぞ、と言った事態である。

まあ、大学だから給与不払いはないだろうと思いつつも不安になって、事務スタッフに聞いて見たところ、

「給与振込担当の人が風邪をひいて一週間寝込んでしまったので遅れてるらしいです。待っていればそのうちちゃんと振り込まれますよ」

という回答であった。

そして誰もが、

「ああ、それじゃ仕方ないよね」

と納得するのである。

一部だけ振り込まれたのは、会計の部内で他の職員が自分たちの職務とは別に、わかる範囲で勤務時間内で対応したからである。

それからしばらくして、歩合給部分の申告方法が大幅に改善されてタイムスケジュールと連動するようになった。

誰かが風邪をひいて一週間休んでも回るように改善されたのである。

 

風邪をひいた職員が無理して出勤して給与計算をするような職場だったらどうだっただろう。

風邪を職場内に蔓延させ、風邪をうつされた別の職員も無理して出勤して働く。

みんなが無理をして、そして無理をすればなんとか回るからシステムの改善もない。

永遠に無理をし続ける職場になるのである。

 

さて、今回はラトビアの風邪対処法について書こうと思っていたのに話がそれた。

カフェインの入っていないお茶をすすって寝ること、である。

すすれる限界の熱いお茶をすすり、すぐに布団に包まって寝るのである。

鼻や喉の症状が少しおさまって、全身がポカポカして、すうっと眠れるのである。

起きたらまた熱いお茶をすする。

1日何回でも熱いお茶をすする。

お茶はベリー茶やハーブティーが一般的で、はちみつを入れたり、ベリー類のジャムを入れたりすることもある。

お試しあれ。

 

 

 

 

 

【2018.04.25 Wednesday 17:22】 author : 管理人
| 健康 | comments(8) | trackbacks(0) |
イースター2018

イースター休暇でベネチアに行っていた管理人夫婦である。

かと言って、イースターは特別なので、イースター前に帰って来て、いつも通りイースターを迎えているのであった。

 

今年のメニューは

1)pildita zivs (鯉の詰め物)

2)いろんな肉のゼリー寄せ

3)鴨のコンフィ

4)卵サラダ

である。

いつもより少なめである。

 

今回、鴨コンフィは大変良い出来であった。

鴨を丸ごと一匹中央市場で買って来て、解体して、もも肉と胸肉をメインメニューとして、骨系をスープ用にストックして、残りの皮と脂肪からコンフィー用の鴨脂を抽出したのである。実際、抽出した鴨脂の半分をコンフィーに使い、残りは毎日の料理に使うべくストックしたのであった。鴨一匹でそれはたくさんの鴨脂が取れて大変嬉しい管理人である。

それにしても、鴨脂の鴨肉コンフィーは美味しい。

自分で言うのも何だが、絶品である。

鴨を一匹買うと、肉が実際とっても少なくて、分厚い皮と脂肪ばかりなのである。

でも、奥さん、この分厚い皮と脂肪が美味しさの素なのですのよ。

 

他のメニューも今年はとても美味しくできたのであった。

理由は、ケトジェニック ダイエットを始めて脂を積極的に摂ることにしたからである。

生前、ママが言っていた「脂肪こそ美味しさの元」と言うのは本当なのである。

いろんなメニューにバター・オン!で全然美味しくなるのである。

 

卵サラダは、イースターの卵染め用に旦那が10個の卵を茹でて6個にヒビが入ったので、そのレスキューメニューである。

6個のゆで卵にハム、ピクルス、アボガドを加え、サワークリームとマスタードで味付けしたものである。
旦那がポテトサラダ好きなのに糖質制限中でポテト禁止なので、アボガドで作ってみたら大変美味しくできて満足な一品であった。

 

写真?写真撮ってる余裕なく食べちゃいましたよ。

 

 

【2018.04.02 Monday 03:03】 author : 管理人
| なまくらクリスチャン | comments(10) | trackbacks(0) |
ラトビアのTVにでます

イースター休暇を前にして、ラトビアのTV取材を受けた管理人である。

 

今年はラトビアの建国100年なので、その記念番組の一つで取材を受けたのであった。

テーマはパラレルワールド。

異国に住むラトビア人と異国からラトビアへ移住してきた人たちの生活をみる、という企画である。

 

以前、日本のTV取材を受けて、なんだかしっくりこなかったので、今回は断ろうかと思っていたのだが、まあ、ラトビア側だし、1日だけならいいかと、それから、ディレクターが管理人の大好きな番組の作成者だったということもあって、というか、それが一番のモチベーションで、引き受けたのであった。

 

食生活を中心に作る番組らしく、朝ごはんから晩御飯までの間、職場とか買い物とか、密着取材なのである。

朝7時から夜9時ぐらいまでの取材であった。

 

ラトビアのTVは、驚くほど明確なテーマを持っていて、その仕事っぷりはもう感心を通り越して、なんというか尊敬に値するものであった。いいアングルの絵を撮ろう、いい音を撮ろうと、常にアンテナを張り巡らせて、それが13時間も持続するのである。

確かに、ラトビアの若者はそういう働き方をするのである。

きっと、仕事が好きなんだと思う。

なんていうか、きっと、ちゃんとそれぞれの若者が好きな仕事につけているんだと思う。

もしくは、第一希望じゃなくても自分の能力や好奇心を満たせる職につけているんだと思う。

多分、彼らは自分の満足のために働いているんだと思う。

そういう働きっぷりなんですよ、奥さん。

 

そんな働き方を日本でできるのかしら、とちょっと思った。

 

 

 

【2018.03.24 Saturday 05:57】 author : 管理人
| ラトビアという国について | comments(9) | trackbacks(0) |


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License