ラトビア移住12年目。
 
Google
 
毛皮

今年は暖冬だと思っていたのに、どうやらリガは冬を思い出したようである。

 

マイナス10度を切ると、管理人家では狐の襟巻きが出動である。

そして、今年は誕生日に毛皮のコートを買ってもらったので、マイナス気温に浮かれる管理人なのである。

 

毛皮は本当に暖かいんですよ、奥さん。

 

マイナス18度とかで、徒歩で通勤なんて言う状況では、毛皮のコートはそれはもう威力を発揮するのである。

ただ、毛皮のコートを着て歩いていると、犬が吠えるんですのよ。

ラトビアは犬を飼っている家庭が多いので、もう、一区画ごとに犬に吠えられる始末。

きっと、犬は管理人を「なんだかよくわからないモフモフな動物」とか「もしかして熊?」と言うように認識しているのであろう。

いまいち、犬もよくわかっていないらしく、吠え方もちょっと遠慮がちである。

ヒトのような気もするけど、万が一熊だったりするかもしれないから、一応吠えとくよ。

と言うような吠え方なのである。

 

もちろん、我が家のワンコも毛皮に興味津々である。

ものすごい勢いで毛皮の匂いを嗅ぐのである。

 

さて、ラトビア毛皮事情をちょっと説明しておこう。

ラトビアでは毛皮のコートは割と普通である。

特に年配のご婦人方は大抵なんらかの毛皮のコートを持っているのである。

カラクール羊が結構人気のようで、ママも持っていたのであった。

高級系になると、まあ、ミンクから始まって、ホッキョクキツネとかリスとかサブリスミンクとかのようである。

男性用はビーバーの毛皮とか、色々作法もあるらしい。

 

毛皮といえば、管理人は昔々その昔の30年ぐらい前に、横浜元町で毛皮のショールを買ったのであった。

確か五千円ぐらいで、小さなうさぎの毛皮のハギレをネット状に編んだ物の上に配置したショールである。

これが、この極寒の地では重宝していて、犬の散歩とかにはもってこいなのである。

思い起こせば、日本ではついぞ使ったことがなかった物である。

 

 

 

【2018.03.01 Thursday 05:22】 author : 管理人
| リガでの暮らし | comments(9) | trackbacks(0) |
Three Osokins in Opera

昨日はラトビア国立オペラで開催された「3人のオソキンス」というピアノコンサートに行ってきた管理人である。

 

それはもう素晴らしい演奏であった。

 

さて、コンサートは題名の通り3人のピアニストによる共演だったのだが、3人ともOsokinsという苗字、つまり家族なのである。

お父さん(Sergey Osokins)と2人の息子(Andrejs and Georgijs Osokins)なのであった。

 

お父さんはラトビア音楽アカデミーの教授で、数多くのピアニストを養成。

二人の息子は世界各国のピアノコンクールで賞を取っている新進気鋭のピアニストである。

 

コンサート前半はそれぞれのソロ演奏であった。3人とも演奏スタイルが違い、親子兄弟でも演奏は似通ったりしないものだなあと感心。素晴らしい演奏であった。

コンサート後半は連弾であった。

もう、これがすごいのなんのって、びっくりでしたわよ、奥さん!

 

お父さんと息子の連弾、兄弟の連弾、家族みんなで連弾。

演奏スタイルが違うのに、さすが家族である。

みんなそれぞれ50%づつ遺伝子を共有しているだけのことはある。

息ぴったり。

大変な迫力。

 

「お、そう来たか、じゃ僕はこうだ」

というような演奏者の心の声が聞こえてくるようであった。

誰よりもコンサートを楽しんでいたのは紛れもなく3人のOsokinsだったのだと確信する管理人であった。

 

 

 

【2018.01.23 Tuesday 18:13】 author : 管理人
| オペラ、コンサート | comments(14) | trackbacks(0) |
ラトビア首相夫人主催、日本首相夫人歓迎昼食会

日本の首相としては初めて、今回安倍首相がラトビアを訪れたのであった。

到着後は安倍首相と夫人は別行動ということで、タイトルの昼食会が催されたのであった。

そして、なんと光栄なことに、管理人も招かれたのであった。

 

それはもう、緊張の嵐であった。

昼食会での公用語は英語だというし。

 

昼食会は、ラトビア側が首相夫人を含めてラトビアで活躍する女性達6人と日本側は首相夫人を含めて4人であった。

昼食会のテーマは女性の活躍する社会、ということで、出席者がそれぞれ自己紹介と事業内容を説明し、働く女性の視点から問題を浮き彫りにしていくものであった。特にラトビア側の出席者は会社設立者やNPO設立者や各種団体の代表だったりするので、それは興味深い内容であった。

 

管理人は単なる大学講師なので、自分の職場の女性の働きやすさについて話させてもらった。

内容は次の通り。

1)ラトビアでは産休育休中の給与保証がしっかりしている。

2)産休明けのポジションも保証されている。

3)うちの大学には託児所があって、教員でも学生でも一時的に子供を連れて来ることが可能。

4)女性研究者がものすごく多い。女性管理職がものすごく多い。

 

あと、乳がんの研究をしているという話をしたら、とても興味を持ってもらえて昼食会後に参加者とお話しできたのが大変嬉しかった。

 

安倍首相夫人は事前にネットで拝見したお写真よりもずっと痩せておられて、スタイル抜群。

何よりも、管理人は安倍夫人が単なる専業首相夫人ではなく、自らゲストハウスやレストランを経営し、農業にもチャレンジされているというところに感銘を受けた。

 

いやはや、なかなかできない経験をさせていただいたのであった。

 

【2018.01.16 Tuesday 03:53】 author : 管理人
| ラトビアという国について | comments(12) | trackbacks(0) |
2017うさぎのワイン煮

今年のうさぎの煮込みは大変好評だったので覚書。

我が家はワインの飲み残しを一本のボトルに溜めて、それを料理に使っている。

適当に酸化して酢みたいになるのだけれど、煮込みにはそのほうがいい。

 

材料

1)うさぎ、今年は2.5kgであった。料理に使える部分を2等分して2回に分けて食べた。

2)きのこ。今回はオイスターマッシュルームを使用。
3)赤パプリカ
4)セロリ
調味料
塩、コショウ、ローレル適宜、パプリカ粉テーブルスプーン1杯、バルサミコ酢、ワイン
準備
1)オーブンを200度に設定する。
2)きのこ、赤パプリカ、セロリを適当に切っておく。
3)うさぎは解体済みとする
手順
1)赤パプリカ(短冊状)、きのこ、セロリ(薄切り)をオリーブオイルで炒める、適当に塩胡椒。
2)1)を煮込み用鍋に移して、うさぎをフライパンで焼き色をつける。
3)うさぎも煮込み用鍋に移して、空のフライパンにワイン100mlぐらいを入れて、旨味をワイン煮移したらそれを煮込み用鍋にそそぐ。
4)バルサミコ酢(そんなにお高くないもの)50mlぐらいを煮込み用鍋に注ぐ。パプリカ粉も投入。
5)うさぎ肉が野菜に埋もれるように調整して、オーブンへIN。200度で2時間煮込む。
美味しくて写真をとってる時間なし。
というわけで、写真なし。
【2017.12.30 Saturday 02:14】 author : 管理人
| 食べ物 | comments(9) | trackbacks(0) |
クリスマス2017

バレンシアから22日の夜中1時に帰宅して、大急ぎでクリスマス準備をした管理人家である。

 

今年のクリスマスメニューは

1)鯉

2)うさぎの煮込み

3)ザワークラウト

4)ブロス

5)ちょっと塩した鮭

6)ウナギの燻製

である。

 

今回、バレンシアの魚介レストランで出されたエスプレッソカップに入ったやたらと美味しいブロス(要は牛やら豚やら鳥やらのコンソメの濃いやつ)に触発されて、我が家でも濃厚ブロスを作ってみたのだった。インスタントポット(電気圧力鍋)のおかげで材料を入れてスイッチぽんで出来上がりであった。

 

今年の食材はなかなか大きなものとなった。

鯉 35cm

うさぎ 2.5kg

鮭 3.5kg

 

鯉は皮を破かないように骨と身を取り出し、身は鮭の切り身とオレガノと混ぜてミンチにし、皮に詰め直して1時間茹でる。通常、こういった料理にはバターが多用されているのだが、我が家の鯉はクリスマスイブようなのでバターなしである。我が家はカトリックなのでクリスマスイブは肉卵牛乳等が禁止なのである。しかし、バターなしでも大変美味しいのですよ。

鯉

煮汁を塩胡椒で味を調整して鯉の周りに注いで冷蔵庫へ入れるとゼリー状に固まるのである。

これをソースがわりに西洋ワサビと一緒に食べるのである。

今年の鯉はクリスマス用にやっぱり赤と緑でデコレーション、と思って適当に散らした赤パプリカとイタリアンパセリがいい感じに味にアクセントをつけてくれて大成功であった。

 

さてさて、全ての料理がなんとか間に合って一安心のクリスマスである。

 

【2017.12.25 Monday 13:48】 author : 管理人
| クリスマス | comments(13) | trackbacks(0) |
バレンシアは美味しい街

さて、バレンシア。

まずは中央市場から。

それは素敵な市場であった。

中に入ると

ライブ子豚解体。

おお、バレンシアンも子豚食べるのね!と謎の共感を持つ管理人であった。

で、この市場の大きな特徴といえば、

ハモン・セラーノ!!

もう、ハモンだらけ!

 

生ハムといえば、パルマ。

以前、パルマに行った時、「生ハムは前菜にしますか?それともデザート?」と聞かれて衝撃を受けた覚えがあるのだが、もう、大人になった管理人は、生ハムがデザート、というコンセプトを十分理解できるようになっているのであった。

 

というわけで、バレンシアではレストランでも甘いものを拒否してデザートにハモンを注文したのであった。

 

バレンシアの恐るべきところは、小さなスーパーマーケットでもハモンのスライスが激安で買えるところで、これがまた素晴らしく美味しいのである。

 

ワインも美味しくて安い。

 

もう、夢のような街、バレンシアである。

【2017.12.20 Wednesday 07:08】 author : 管理人
| 渡航 | comments(5) | trackbacks(0) |
バレンシア2017

ついに、とうとう、待ちに待ったクリスマス休暇へ突入の管理人である。

 

ああ、長かった。指折り数えたクリスマス休暇である。

金曜日までみっちり授業で、土曜日から休暇である。そして、その土曜日にフランクフルト経由でバレンシアへ飛んできたわけなのである。

 

そんなフライトなので、学生さんたちもたくさん乗り合わせていて、「やあ、やあ」と挨拶しながらのフライトとなった。

 

バレンシアはそれはそれは暖かく、日中の気温は16度。すっきりと晴れて、空は突き抜けるような青さである。

それでも地元民にとっては全くの冬で、毛皮の襟巻きをしている人もいるし、装いは完璧に冬支度である。

そんな感じなのに、やっぱりサングラスは必需品だったりする街なのである。

 

雪なんかとは全然関わりのないクリスマス。

でも、バレンシアはカトリックが大半なのでクリスマスはクリスマス。

そんなこんなで、お店の開いていない日曜日でも街はたくさんの人出であった。

街角ではジャズが流れ、人々が踊っている。

日光を浴びながら、でもちょっと寒いらしく、ストーブにあたりながらビールを飲む。

そんな、なんだか不思議な南国のクリスマスなのである。

 

ここに6泊して、本当のクリスマスはリガで過ごす予定である。

 

さあ、魚介類を食べまくるぞ(笑)

写真は後ほど。

【2017.12.18 Monday 05:57】 author : 管理人
| 渡航 | comments(4) | trackbacks(0) |


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License