ラトビア移住12年目。
 
Google
 
お葬式
昨日はお葬式であった。
ママの従姉妹が亡くなったのである。
89歳であった。

お葬式は娘さん一家の住む、リガから車で1時間ほどの町で行われた。

森の入り口に建つ、小さな教会で、ミサの形式のお葬式の後、皆で墓地に移動して埋葬である。

墓地の入り口から埋葬するお墓までは、通り道に木の葉と花が置いてあって、それを辿っていくとお墓にたどり着くのである。

墓穴の深さは2mほどであろうか。
あらかじめ葬儀屋さんによって掘られている。
その横には掘った土がスコップできちんと台形に固められていて、その表面には木の葉で飾りつけがしてある。

墓地での埋葬の間も、音楽の演奏つきである。
持ち運び式の電子ピアノで生演奏である。
今回の演奏者は、一人で電子ピアノとリコーダーを使い分け、時には自ら演奏しながらアベマリアを歌っていた。
素晴らしい。

ラトビアでは埋葬の際に、棺に毛布をかける。
寒くないように、ということなのだろう。

葬儀屋さんは、いつも4人である。
2本の布ロープの上に乗せた棺を、4人でスルスルと墓穴の中へ下ろしていく。

参列者は皆、手で土を三掴み墓穴の中へ入れる。
埋葬に参加する、という意味合いなのだろう。

そのあと、葬儀屋さん達によって穴が埋められ、土を盛る。
盛られた土はやはりスコップできちんと台形に固められ、上表面にはスコップの肢で十字の印を刻む。
木の十字架を立て、僧侶が祈りの言葉を捧げる。
そして、参列者がそれぞれ持ってきた花で盛られた土を覆い尽くすのである。

数週間したら、墓石を立て、お墓として整備するのである。

埋葬の後は、会食である。
参列者は通常全員招待される。

食事は暖かいスープ、冷菜、メイン、デザートである。
通常、メインは茹でたじゃがいもと肉である。
ザ、ラトビアの食事、というメニューである。
食事をしながら、参列者が次々と立ち上がって故人の思い出を語る。

ラトビアに来てからの葬儀への参列は、もう何回めだろうか。
日本で参列したお葬式よりも多いことだけは間違いない。
 
【2016.06.10 Friday 00:38】 author : 管理人
| リガでの暮らし | comments(8) | trackbacks(0) |
春来たりし
イースターマンデーの今日、気温も14度まで上がり、それならばサマーハウスでピクニックでもしよう、と思い立った管理人夫婦である。

暖かな陽気に誘われてみたものの、相変わらず冬の延長線上の風景である。
が、しかし、

春は来ていたのだった。
クロッカスが開花していたのである。
クロッカスが開花したのなら、もう春なのである。
少なくとも、冬は終わりなのである。

この、小さな、しかし鮮やかな色の花を半枯れの芝生の中に見つけた時の喜びは、その場で50cmぐらい飛び上がるような感じである。

クロッカスの花を見つけたら、公式に春なのである。

サマーハウスのご近所さんも、皆さん庭の手入れに来ていたのであった。

ひとしきり、サマーハウスで犬を遊ばせて、リガに帰ったのだが、春の余韻は続くのである。

バルコニーでワイン。
日向のなんと心地よいことか。

これから、一日一日、植物たちはその形を変えていく。
木々の芽が大きくなり、足元のロゼットも大きくなる。
そして、爆発するような一斉の開花。

毎日目が離せない季節の到来である。
【2016.03.29 Tuesday 01:52】 author : 管理人
| リガでの暮らし | comments(10) | trackbacks(0) |
3月とて寒い
うかうかしていたら3月である。

日本ではもう春の気配がぷんぷんであろうか。

当地は未だ0度を挟んだ気温の攻防が続いているのである。
ゲリラ的に雪やらみぞれやら振ってみたり、
凍ってみたり、
でも、プラス温度の時間が長くなってきているので、翌日には何事もなかったかのように溶けてしまう。

日本ならもう春なのに、と思ったら負けである。
ここは冬。4月いっぱいまで冬のなのである。

さて、冬ならば冬らしく冬の楽しみを楽しみ尽くしたらいいのである。

温まる系のスープを作ったり、暖炉を炊いたり、である。
それが楽しければ、冬はとても楽しくなるのである。

そうはいっても、冬の始まりと終わり近くでは気分もだいぶ違う。
冬の始まりは、雪降って楽しいとか、新しい季節を楽しむことができる。
だが、終わり近くの冬は違う。
長い雪と氷に辟易して、春を今か今かと待ちわびるのである。
だからこそ、終わり近くの冬を楽しむことが重要なのである。
どう楽しむのか、
それは惜しむ心である。
冬を惜しむ。冬のイベントを惜しむ。
誰も惜しまない中で、あえて惜しんでみる。

冬が終わったら暖炉はなし。今のうちに。
冬が終わりそうだから、ザワークラウトのスープを作ろう。
冬が終わる前に狐の襟巻きでお出かけしよう。

クロッカスの花を見たら、冬なんて思い出せなくなる。
もう時間がない。
今のうちに冬を楽しみ尽くさねば。


 
【2016.03.12 Saturday 04:47】 author : 管理人
| リガでの暮らし | comments(9) | trackbacks(0) |
明けましておめでとうございます2016
今年もよろしくお願いいたします。

暖冬を喜んでいたら、この数日ですっかりマイナス気温になっているラトビアである。
管理人夫婦はヘロを連れてクリスマスと新年の間にいつものお城へ行っていたのであった。

Jaunpils pils
ヤウンピルスの人々はなかなかの商売人で、この古城ホテルも大繁盛のようであった。
子供向けのサンタクロースイベントやら大人向けのコスプレ古城ツアーやら、工夫を凝らしたイベントが山盛りで、観光バスがいつも駐車場に止まっているような状態なのである。
素晴らしい。
ラトビアにはいくつも古城ホテルがあるのだが、ここヤウンピルスは個人的にかなりおすすめである。


犬が走り回れる公園もあるのである。

古城ホテルはとても親切で、犬同伴と伝えると、「それではお食事はお部屋へお届けしますね」という対応であった。
部屋の暖炉は焚き放題。追加の薪はタダである。
毎日、十数個のキャンドルも更新。ロマンチックな滞在が約束されているのである。

さて、そんな古城滞在でヘロ連れの旅の経験を積み、年越しである。
年越しのメインはいつもどおり子豚の丸焼きである。

今年は4.5kgの子豚で、詰め物はジャガイモ、玉小麦、レーズン、プラム、とした。
今回は皮がパリパリに仕上がって、それはもう美味しい子豚となった。
友人家族と一緒に新年を祝ったのであった。

迎えた元旦の朝はマイナス10度であった。
それでも素足で走り回るヘロ。
滑り止めのために道には塩が撒かれているので、散歩後は念入りにあんよを拭く。

2016年も誰もが健康な年であってほしいと思うのであった。
 
【2016.01.02 Saturday 02:03】 author : 管理人
| リガでの暮らし | comments(8) | trackbacks(0) |
11月になりましたね
時間の経つのは早いものである。
もう11月。

ワンコ生活なので、朝昼晩夜中、と散歩三昧である。
その結果、リガの季節の移り変わりを余すところなく味わうことができるのであった。

黄金の秋は終わりつつあり、もう、8割ぐらいの葉っぱが落ちた感じである。
落ち葉が落ちきるのを待って、落ち葉清掃のピークでもある。

朝と夜中の散歩では、落ち葉が霜で覆われていて、歩くとシャリシャリ音がするのである。

そんな中でもワンコは嬉しそうに散歩を楽しんでいる。
裸足で霜の上を歩いて冷たくないんかい?
「そんなこと考えたこともないよ」

そういえば、鳩のプーチンも素足で雪の上を歩いてたっけ。




 
【2015.11.02 Monday 05:56】 author : 管理人
| リガでの暮らし | comments(3) | trackbacks(0) |
夏来たりし
すっかり月一ペースの更新んなってしまっている管理人である。

大して忙しいわけでもないのだが、なぜかコンピューターに向かう時間が少なくなっているのであった。
iPhoneで大抵の新着情報は確認しているのだが、日本語入力はキーボードがないと、という状態なので、なかなか筆が進まないのであった。

さて、ラトビアは夏始動、である。

もう、となりのサマーハウスの住人は庭仕事も水着。これぞラトビア流。

管理人は7月1日から2ヶ月間夏休みである。
今年はサマーハウスでのんびり過ごす予定である。

ええ、更新しますとも。

今年もハリネズミ祭り続行中。

ヘロの一番好きなものはハリネズミ。
夜行性のハリネズミは夜9時ぐらいに出てくるので、それをさがして1時ぐらいまでヘロが駆け回る。
翌日は寝てばかり。
 
【2015.07.01 Wednesday 03:56】 author : 管理人
| リガでの暮らし | comments(9) | trackbacks(0) |
もう6月
気がつくともう6月である。
あたりは木々の緑で覆われ、花は咲き乱れ、そして本日は20度近い気温で、勤労意欲がすっかり削がれる、それがラトビアの6月なのである。

半年にも及ぶ長い冬が明けて、短い春が過ぎ、待ちに待った夏が来たら、一体誰が働きたいと思うのだろうか。
雲ひとつない空の下、太陽のヒカリを浴びる。
人間も動物も植物も、この時を楽しむ。
オフィスで働いてなんていられない(笑)。


ライラックも開花。
ラトビアのライラック(ラトビア語ではツェリニ)は日本人の桜みたいなもんよ、とは亡きママの言葉である。
甘い香りが立ち込め、濃淡の紫の花がどこの庭にもある。

スズランも開花。
これまた甘い芳香である。

ライラックもスズランも、私にとっては少女漫画の世界の花で、こんな身近な花としては考えてもいなかったのであった。
そういう観点からも、ラトビアは失われた昭和風味が満載といえる。


もちろん、かわゆいヘロ君のお写真も忘れない。

この後、ヘロ君は自分のベッド(このクッション)と戯れて、四隅をかじり、中の詰め物を放出し、満足と共にベッドを破壊したのであった。ええ、激怒しましたとも。

大学の授業もクラスももう終わり、あとは試験を残すのみ。
大きな達成感と、来学期はここを改良しようという、あそこを改良しよう、と思うのだが、きっと2日もすると忘れてしまうのだろう。

そうそう、この夏は、何を隠そう結婚10周年なのである。
この10年、いろんなことがあった。
予期せぬことのオンパレードで、良くも悪くも退屈しない10年であった。
おそらく次の10年も予期せぬことだらけなのだろうから、ジタババせずに、流されるままに生きていくのが得策であろう。







 
【2015.06.02 Tuesday 05:11】 author : 管理人
| リガでの暮らし | comments(9) | trackbacks(0) |


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License