ラトビア移住12年目。
 
Google
 
レモン@北国
我が家には、レモンの木がある。

買ってきたレモンの果実の中に入っていた種子を蒔いて、発芽させたものである。

もちろん、屋内で鉢植えの状態で育てているのだが、冬になると、決まって葉がぽろぽろと、しかも大量に落ちてしまう。
葉が落ちてしまった枝は、しばらくすると枯れてしまう。
去年は、全ての葉が落ちてしまったのだが、春ごろに、根元の方から分岐してきた新しい枝で、奇跡的に生き残った。

そして、今年も、冬になったら葉がぽろぽろと落ち始めた。
冬だから、ということで思い当たる理由は2点。
1)寒いから
2)日長不足

置いている場所が窓際で、窓とセントラルヒーティングの間、ということもあって、管理人が疑っていたのは2)の日長不足であった。

だが、ネットで検索してみると、どうも日長は関係なさそうで、やはり単純に寒さが原因のようである。日本語で検索してみると、対策としては屋内に入れましょう、というのが一般的であった。

ふぅ〜ん「既に屋内なんですが。。。」

仕方がないので、日本語での検索をあきらめ、英語検索に切り替えたところ、

根が15℃以下で日光に当たると枯れてくる

という記述を発見。

ふぅ〜ん「根っこが冷たい?」

植木鉢を触ってみると、部屋に面している側はどうということはないのだが、窓に面している側がものすごく冷たい。。。

たらーっ「冷たいよ〜」

ということで、窓際のセントラルヒーティングより部屋側へ移したところ、ピタリと落葉は治まった。

後は祈るのみである。

さて、今回検索したのは、カナダはブリティッシュコロンビア大学植物園のフォーラムである。
非常に多岐にわたって、詳しいお助け情報が載っている。
【2009.01.21 Wednesday 21:44】 author : 管理人
| 植物 | comments(6) | trackbacks(0) |
ぶどうの芽
食べたぶどうの種を播いておいたら、芽が出た。

茎が赤くて意外にかわいい。

vinogas
横にあるのは、北極圏の石とイスラエルの巻き貝。
水遣りの時についでに水をかけると、キラキラして結構きれいなので気に入っている。
【2008.06.19 Thursday 19:24】 author : 管理人
| 植物 | comments(6) | trackbacks(0) |
テニスコートのツタ
ラトビアの紅葉は、シラカバ、メイプル、オークなどが主の黄金の紅葉である。

寒暖の差が激しいと、メイプルが赤くなるのだが、大体が黄色い。

そんな中で、ひときわ鮮やかな赤い紅葉がツタである。

テニスコートのフェンスにからまるツタが鮮やかに色づくと、
そろそろ屋外でのテニスはお終いに近づく。
sarkanas lapas
【2007.09.19 Wednesday 20:42】 author : 管理人
| 植物 | comments(4) | trackbacks(0) |
霧吹き
我が家には食べた後の果物の種から発芽させた木々がいる。

現在、最も調子がいいのがアボガドである。

だが、それ以外の植物達は最初のうち絶好調で伸びていくのだが、しばらくするとダニーこと、葉ダニが出て、みるみる弱っていく。

最初の被害者はリンゴであった。
次にライチー、レモン、さくらんぼ、とダニー被害はどんどん拡大していった。

モゴモゴ「ダニー退治用の殺虫剤を買わなければ。。。」

と思いつつも部屋の中で殺虫剤付きの植物は飼いたくない。

そうこうしている内に、ライチーがダウン。
リンゴもダウン。

仕方なく手でつぶしてみたりしたのだが、ダニーはどんどん増えていく。
仕舞いには、一日ダニーつぶしをサボると次の日には目に見えて増えているという状態になった。

何か弱点はないものかと、真剣にネットで情報を集めてみると、ダニーは水に弱い、という事が浮かび上がってきた。

そこで毎日欠かさず、水を霧吹きしてみた。

すると、すばらしいことにダニーはすっかり居なくなった。

満足しつつも、独り反省会ふぅ〜んを開いてみた。

最初のダニー戦では、これらの木々を室内の窓際で飼っていたということ自体が敗因だと思われる。
ダニーは窓から風に乗って入って来たにちがいない。
窓際は暖かく、水やり時には木の根元に水をやっていたために、ダニーの好きな葉のところは常に乾燥状態にあったわけだ。
屋外に生えている木では、雨が降ったり、夜露朝露に濡れたりと葉に水分がかかって自然とダニーが付きにくくなっているのだろう。

それからというもの、ベランダの植物の葉にも水をかけることにしたのだった。
【2007.06.21 Thursday 15:59】 author : 管理人
| 植物 | comments(6) | trackbacks(0) |
トマト咲く
ラトビアでは短く美しい夏を満喫するために、たとえ猫の額ほどのバルコニーであろうと、何やら植物を植えたりする。

管理人宅では、誰でも簡単に育てられることで有名な「ミニトマト」の種を蒔いた。

さすが、誰でも簡単に育てられることで有名なだけあって、めでたく花が咲いた。
バルコニーの天井近くから、支柱用のロープも固定したし、脇芽も午前中に摘んだ。
やっぱり、最終産物が食べ物となると、力の入れようが違う。

パンジーやらマリーゴールドやらの種も蒔いたのだが、こちらは蒔いた時期が遅かったらしく、今のところ花が咲く気配は微塵もない。

ちなみに、我が家にはリンゴ、さくらんぼ、レモン、アボガドの木が生えている。
これらは食べた後の種から発芽させたものである。
花が咲く日は遠い。
【2007.06.12 Tuesday 22:52】 author : 管理人
| 植物 | comments(2) | trackbacks(0) |
種子購入
暖かくなってきたので、種でも蒔こうと種子を買ってきた。

今年はチェリートマトに挑戦だ。

ついでに去年なかなかよかったパンジー。

そして、結構好きなデージー。

だが、勢いで買ってきたので、説明書きをよく読まなかった。
その結果、デージーは翌年でないと花が咲かないと書かれていたのだった。
う〜ん、一年間葉っぱだけっていうのは。。。ムニョムニョ
【2007.03.29 Thursday 22:24】 author : 管理人
| 植物 | comments(0) | trackbacks(0) |
バラの実とツタの実
open air museumへ行った時に、森で赤いバラの実を見かけた。
ちょっといくつか拝借して、中から種子を取り出し、蒔いてみた。
休眠の具合とかは分からないので、行き当たりばったりだ。

ついでに近くに生えてるツタからも実をいただいて蒔いてみた。
こちらもよくわからない。

冷蔵庫には色んな果物の種を春化処理しているのだが、名前を書いておくのを忘れたので、何がなんだか分からなくなっている。
そのうち蒔かなくては。
【2006.09.20 Wednesday 19:38】 author : 管理人
| 植物 | comments(0) | trackbacks(0) |


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License