ラトビア移住12年目。
 
Google
 
初聖体
明日は初聖体だ。
その前に初confessionだ。
なんか緊張する。

今日は朝から中央市場へ行って花の苗を買い、
それをもってお墓へ。
お墓にきれいに植えて、掃除をした。
これは旦那のお父さんのお墓。
墓地の周りも花やだらけ。
そういう風習らしい。

【2005.06.19 Sunday 05:19】 author : 管理人
| 結婚式 | comments(0) | trackbacks(0) |
神父様との打ち合わせ
そうそう、昨日は夜7時から結婚式を挙げる教会のミサに出て、その後神父様と打ち合わせをした。

「ここでこうしてああして。。」

ってな具合のちょっとした立ち稽古。
合唱がどうの、オルガン演奏がどうの、と打ち合わせ。
その後、教会へのお礼を渡して(これは相場がよくわからない)、なにやら書類を書いて終了。

今週は他にも日本人とラトビア人との結婚式があるという。
【2005.06.16 Thursday 20:17】 author : 管理人
| 結婚式 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウエディングドレス
ウエディングドレスを試着してきた。
ニョロ「3着ぐらいに絞っておいで」
というので、絞ってみた。
といっても、やっぱりコレばっかりは楽しい。

おなかの肉が目立たないのはドレか?

なーんて考えていたが、意外にどのデザインでもおなかがカバーされるようになっている。

すばらしい。

が、そうなると二の腕が気になる。

ああ、もっと真剣にダイエットするべきであった。たらーっ

ちなみにレンタルで36000円前後。
小物は貸してくれない。靴とアクセサリー一式は買わねばなるまい。
後日、旦那を連れて1着に絞り込む予定。
【2005.06.16 Thursday 20:04】 author : 管理人
| 結婚式 | comments(0) | trackbacks(0) |
美容院事情
旦那行きつけの美容院というのに朝9時から連れられて、結婚式のヘアスタイルの打ち合わせ。

旧市街の中のこじゃれた美容院だ。

なんかアップにして、どうのこうのと話しているうちに
女「染めたほうがよさそうね」
ってなことになって、そのまま染めることに。
日本ほど至れり尽くせりではないものの、まあまあ満足。
コーヒーも出てきたし、雑誌も出てきたし、
シャンプーが座ったままの状態だということを除けばほぼ日本と同じ。
ラッキー「これで値段はいくらだろう?安いに違いない」
とほくそ笑んでいると
23LVL(およそ4600円)
「うーん、値段もあんまりかわらないじゃん」

その後、旦那から電話がかかってきて、報告すると、
ニョロ「ママには値段の話は絶対するなー」
という。
ということは、やっぱり現地感覚ではかなり高いのね。たらーっ
【2005.06.16 Thursday 19:58】 author : 管理人
| 結婚式 | comments(0) | trackbacks(0) |
一夜明けて
市役所での婚姻届は、ラトビア語で
女「えー、あなたたちは結婚するんですねー」
といった確認をとった後、書類にサインして終了。
婚姻証明書みたいなものをくれた。
その後、家へ移動し、パーティー。
びっくりなことに、旦那が指輪をプレゼントしてくれた。
ありがとー、旦那!
飲んで飲んで飲んで、

ちょっと二日酔い。ムニョムニョ
【2005.06.15 Wednesday 18:28】 author : 管理人
| 結婚式 | comments(0) | trackbacks(0) |
婚姻届の日
着々と物事が運んでいく。OK
本日は事実上の結婚の日である。祝
昨日、旦那と二人で結婚指輪も買った。
教会での結婚式に向けて、シスターとの面談もした。
(洗礼は受けたものの初聖体を今度の日曜日に受けるため)
日本では家財道具の処理から何から管理人一人で全てをこなさなければならなかったが、こちらへ来ると旦那が全てやってくれる。

ラクだ。ふぅ〜ん

管理人の結婚式用美容院の手配まで旦那がやっている。
がんばれ、だんな。ニョロ
【2005.06.14 Tuesday 15:30】 author : 管理人
| 結婚式 | comments(2) | trackbacks(0) |
婚姻届
明日は市役所へ婚姻届を提出、受理してもらう。
単なる書類上の手続きとはいえ、それなりに大変である。
1ヶ月にわたる公示期間を経て執り行われる儀式とでも言おうか。
本人二人、証人二人、そしてママの計5人で挑む。
出来立てホヤホヤの婚姻証明書を発行してもらって、
自宅でシャンパンを飲む。
市役所での証人は旦那の友達夫婦。
旦那の友達は管理人と同い年、彼は38才にしておじいちゃんとなり、昨年のクリスマスに5人目の子供を授かった。奥さんは3人目。

婚姻証明書が出るとようやくビザの申請ができる。
感無量、といいたいところだが、どうも手続きの一環という感じがぬぐえない。
【2005.06.13 Monday 15:53】 author : 管理人
| 結婚式 | comments(0) | trackbacks(0) |


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License